サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、米国ETF(VT)中心の資産運用(元本1900万円)が本業/ハピタス乞食/ポイントサイト経由乞食/ローソンお試し引換券乞食/ファミペイ無料クーポン乞食/楽天ふるさと納税乞食/手出し0円ノーリスク案件乞食/投信クレカ積立乞食

0120-165-264からの電話

f:id:yaorim:20211004213053p:plain

 

日曜日の昼下がり。

こどもの面倒を見ている最中にわたくしサラリーマン乞食の携帯電話が鳴りました。

着信番号は

 

0120-165-264

 

知らない番号。

なんだろう。

あまりいい予感はしない。

でも出てみるか。

 

 

 

乞食:もしもし

相手:マジカルクラブTカードJCBをお申込みいただきありがとうございました。お申込みいただいた方に特別な医療保険のご案内です。いま少々お時間よろしいでしょうか。

乞食:(また保険の勧誘かよ。めんどくせーな。まあ一応聞いてみるか。)はい、いいですよ。

相手:ありがとうございます。乞食様のご年代ですと、入院1日目から8000円が出る医療保険が選ばれています。5日以上ご入院されると一括で10万円がお受け取りになれます。いま人気の先進医療特約もついております。保険料は月3800円程度となります。

乞食:(は?なにをもって8000円の入院日額なの?意味不明。)えーっと、それ高いですね。どの保険会社ですか?

相手:チャブ保険になります。

乞食:え?チャブ保険?(知らない…)

相手:さようでございます。以前の社名はエース損害保険会社になります。

乞食:そうですか。医療保険は入らない主義なので、今回のご案内はお断りします。私は金融関連のことはよく知っているのでそういう勧誘は今後はかけてこないでいいですよ。そちらの顧客システムにそう記載しておいてください。

相手:大変失礼いたしました。ありがとうございました。

 

マジカルクラブTカードJCBからの電話でした。

土日にフリーダイヤルからかかってくる電話ははろくな電話ではありません。

そういえば同様の保険勧誘がこないだもありましたね。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

そもそも医療保険に加入する必要はあるのでしょうか?

乞食のように曲がりなりにも数千万円程度の資産があれば、病気やケガをして医療費がかかる局面になればその資産から医療費を拠出すればよくないですか?

そもそも日本の健康保険はそれなりに優秀で3割負担で済みますし、月に相応の医療費がかかった場合は高額療養費制度があって、月の支払限度額が規定されています。

■参考:高額な医療費を支払ったとき | こんな時に健保 | 全国健康保険協会

それでよくないですか?

月3800円の医療保険に加入したら年で約45000円かかりますよ。

いまの医療体制であれば、そんなに入院なんてしないですよね。

だいたい「通院」で済まされますよ。

一定程度の資産があるのに、入院するかしないかわからないのに、「安心のために」医療保険に加入する…乞食からしたら「ありえない」の一言につきます。

まあ資産が100万円もないような入社まもない時期は医療保険は入っておいてもいいかもしれませんが、資産形成が進むに連れて医療保険は不要になってくるというのが乞食の持論です。