サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

06-7709-8144からの電話

f:id:yaorim:20220306211045p:plain

 

日曜日の昼下がり。

いきなり電話がかかってきました。

 

iPhoneに表示された電話番号は

 

✅06-7709-8144

 

全く覚えがありません。

しかも「06」から始まる番号。

Googleで調べてみると「大阪」からのもの。

大阪には特に縁もないのですが、気になるので出てみました。

以下はその時のやりとりを記録したものです。

 

 

 

オペレーター:「こちらクレディセゾンでございます。乞食様でいらっしゃいますか?」

乞食:「はい。乞食ですが。」

オペレーター:「今回はゴールドカードのご案内でお電話しました。少々お時間よろしいですか?」

乞食:「わかりました。」

オペレーター:「ありがとうございます。実はゴールドカードは通常のカードと比べて3倍のポイント(1.5%還元)が貯まります。1年に1円以上お使いいただければ翌年の年会費はかかりません。いかがでしょうか?」

乞食:「あ、いま私はセゾンパールアメックスを持ってるんですよ。それだとQUICPayで3%還元なんですけど、このゴールドカードも同様の機能はあるんですか?」

オペレーター:「いえ、ゴールドカードにはQUICPay3%還元はございません。お客さまによっては『2枚持ち』されている方も多くいらっしゃいます。」

乞食:「検討します。」

オペレーター:「どうぞご検討ください。」

 

電話主が判明しましたね。

 

✅クレディセゾン

 

でございました。

 

日曜日になっても勧誘電話をする姿勢には頭が下がります。

おつかれさまです。

今回のゴールドカードの勧誘は一見お得に聞こえたんですが、相手が悪かったと思います。

乞食は根っからのポイ活乞食であり最適決済乞食なので、1.5%という還元率では満足しません。

Visa LINE Payカードが2.0%還元なので、それを上回る還元率でない限りは新たなカードを発行するつもりは基本的にないです。

電話による勧誘で「さあ、やろう!」と思える案件ってそうそうないように思えます。

 

 

 

■関連記事

kashobunshotoku.hatenablog.com