サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(トータルリターン+1800万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

ファミペイ録_2020/07/14現在

昨日は2週間ぶりにファミペイ無料クーポンを頂戴しました。

感無量でした。

私がファミペイの無料クーポンの存在に最初に気付いたのは2019年11月です。

たまたまファミペイを起動させてガチャガチャ操作していたら気付きました。

最初は伊右衛門500mlであったので「まあそんなものだろう」と思ったのを記憶しています。

その後、ファミペイ無料クーポンの音沙汰はしばらくありませんでした。

しかし、2月から環境が激変します。

「無料クーポンだから大したものはないだろう」と高を括っていました。

が、それは誤りでした。

数百円相当の品がそこには映っていました。しかも1個ではなく2個の時もある。

ファミリーマートの中の人は何を考えているのか、正直混乱しました。

無料で配るには安価ではないし、量も頻度も(私の感覚からすれば)多すぎだし、一体どうなっているのかと。

しかし、考えても無駄です。

私のような一介の人間はファミリーマートへ即GOです。

「善は急げ」

このことのためにあるような言葉です。

配信タイミングを調べたところ、どうやら「火曜日」に配信されることも突き止めました。 

さて、本日はどんな品を無料クーポンで頂戴したかを振り返ってみましょう。

題して、「ファミペイ録」です。

※ファミペイには「電子レシート」なる機能があるので、それを見て振り返ってみることとします。

  

  日付 商品 単価
1 2019/11/11 伊右衛門ジャスミン 129
2 2020/2/25 金麦500 206
3 2020/3/10 キリン・ザ・ホップ500 298
4 2020/3/24

一番搾り超芳醇500

298
5 2020/3/24

プレミアムモルツ500

353
6 2020/4/7 鬼ころししぼりたてパック 102
7 2020/4/14 ハイレモンサワー500 211
8 2020/4/28 金麦500 206
9 2020/5/5 ザ・リッチ350 148
10 2020/5/12

北海道きたのほし500

298
11 2020/6/9 ハイレモンサワー500 211
12 2020/6/16 クリアアサヒ夏日和350 148
13 2020/6/16 ジムビームハイボール500 239
14 2020/6/23 ザ・ゴールド350 227
15 2020/6/23 氷結レモン500 211
16 2020/6/30

東京クラフトGエール500

347
17 2020/6/30 ザ・リッチ350 148
18 2020/7/14 男梅サワー350 177
19 2020/7/14 ー196℃ストロングゼロ500 211
    合計 4,168

 

いかがでしたでしょうか。

私も振り返って驚きを隠せません。震えています。

これがファミペイの実力。

私がファミペイにチャージした金額は生涯で3,000円です。

対して無料クーポンの総額が4,000円を超えています。

投資額に対して既に38%のリターン達成です。

投資の世界で彼がいるならば、スーパーハイパフォーマーたりうるでしょう。

ファミペイをインストールしていない読者のみなさまは登録されてはいかがでしょうか。

「善は急げ」

です。

 

■ファミペイ公式サイト

https://www.family.co.jp/famipay.html