サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

使わないクレジットカードを解約する前に

去年の秋だったと思います。いつも私が利用しているハピタス経由でのクレジットカード案件でソラチカカードを申し込みました。何ポイントもらえたかは記憶にないですが、確か2000ハピタスポイント(=2000円)くらいだったような気がします。
 
ソラチカカードは初年度年会費は無料ですが、翌年からは税抜き2000円の年会費がかかると。カード更新と同時にANAマイル1000マイルが付与されるので実質年会費無料だとか宣っていますが、今となってはとんでもない話ですよ。本年はコロナ禍となってしまい、ろくに海外旅行に行けやしません。ワクチンができたとしても、世界人口の大多数が接種できて、ようやく海外渡航が実質的に解禁されることでしょう。来年、再来年くらいまでは海外旅行はできないと思っています。もし海外で新型コロナウイルスに罹患した場合、現地での医療費が高額になる予感しかしないですし、日本に帰国するにしても現在のガイドラインだと2週間とか空港近くのホテルに缶詰めとかになる場合、会社にまともに復帰できませんし、復帰できたとしても白い目で見られることは間違いないです。そんなリスクを背負ってまで海外旅行には行きたくありません。したがって、ソラチカカードは解約の一手しかないのであります。
 
善は急げと解約のコールをしようと携帯を手に取りましたが、「ちょっと待てよ。」と。なんかOkiDokiポイントなる謎ポイントがあったなと。MyJCBというサイトにログインしてみると51P貯まっていることが判明しました。何に交換できるかわからなかった私は公式サイトを調べました。51Pで交換できるもの、それはキャッシュバックだけでした。P単価は3円。153円相当です。キャッシュバックとはいっても、次回の引落額から151円を控除する方式とのことですが、控除できない場合は振込になるとか書いています。もうソラチカカードを使う機会はないので、153円をソラチカカード口座振替に使っている新生銀行に本当に振り込んでくれるのか、てか振込手数料がかかったらたぶん0円です(悲)。ちょいちょい異動明細を見ながら待ちたいと思います。
 
聡明な方は当然の心がけとして、クレジットカード解約時にポイントが貯まっているかを確認するでしょうが、うっかりノリと勢いで解約するぞとなった場合、ポイントが無駄になってしまいます。
クレジットカードを解約する前にポイントを使い切れ
当たり前ですが、肝に銘じておきます。
 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス