サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

PayPayにVisa LINE Payカードを紐づけたら普通に3%還元なんですが

クレジットカードのイラスト(番号なし)
 
PayPayがこの世に生まれた当時(2018年12月)、一部の大衆は狂喜乱舞しました。私もその中の一人でした。なぜなら、何を買っても20%還元というワケワカメのキャンペーンだったからです。おかげで、システム障害も発生したり、お祭り状態であったことを覚えています。初期の頃はクレジットカードを紐づけるだけで、PayPayでの20%還元とクレジットカードの還元のダブル獲りができたので、PayPayで支払えるところは全部PayPayで支払っていました。が、そんな夢のような時代も長くは続かず。私の記憶が正しければ、
20%還元➡3.0%還元➡1.5%還元➡0.5%還元(👈いまココ!)
という変遷をたどってきました。
 
たまに実施する対象店舗限定の20%~40%還元キャンペーンがあればピンポイントで利用しますが、そうでなければもはやPayPayで支払うことはなく、だったら、楽天Payで期間限定ポイントを消化して1.0%還元得た方がはるかにマシだなぁと思っていた次第です。
しかし、そんな現実に終止符を打つキラースキームが登場しました。
それは、
 
PayPayにVisa LINE Payカードを紐づける
 
これだけです。
Visa LINE Payカード(初年度年会費無料(2年目以降も年1回以上の利用で無料))「2021年4月30日までのカードショッピングについて3%還元」と銘打っています。3%還元というのはクレジットカード業界では超超超破格の還元率です。常軌を逸しています。
PayPayのクレカ紐づけにVisa LINE Payカードを紐づけて決済するだけで3%還元を獲れます。超簡単です。
 
ちなみに、注意しなきゃいけないのは、LINEPayでVisa LINE Payカードを紐づけて決済すると、そのときのLINEポイントクラブのランクによって還元率が1%~3%に変化してしまうのです。LINEポイントクラブの最上級ランクのプラチナでないと3%還元の恩恵に授かれないのです。プラチナの要件は半年間で5000LINEポイントの獲得です。そんなの最初はムリですよね。だから、Visa LINE Payカード作り立ての頃はLINEPayで支払っちゃダメなんです。
 
もちろん、クレジットカード決済ができるお店では、Visa LINE Payカードをそのまま出せばいいんですけど、たまに、小規模の飲食店とかでキャッシュレス決済はPayPayでしか対応していない店舗ってありませんか??私はたまに遭遇します。そういう時はPayPayのクレカ紐づけにVisa LINE Payカードを紐づけて決済するだけで3%還元を獲れますクレジットカード取り扱っていない店舗で実質クレジットカード支払いができるということです。
これ覚えておくとけっこうおトクです。
 
 

おわりに

Visa LINE Payカード(初年度年会費無料(2年目以降も年1回以上の利用で無料))を作成するなら、公式サイトからの直接の申込ではなく、ハピタス経由での申込がおトクです。今なら(2020/09/20現在)、新規カード発行で3000円分のポイントが手に入ります。3000ポイント手に入ったら、ソッコーで銀行振込しちゃいましょう。振込手数料が無料なので気兼ねなく振込申請できます。更に、このリンクからの申込だと400ポイントが余計にもらえます。こう書くと怪しいサイトのように見えますが、別に怪しくありません。「ハピタス」でググってもらえばわかります。小銭拾いに興味がある方のみお進みください。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス