サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

LINEポケオを初めて使ってみた【LINEポイントの出口戦略】

レストランのメニューのイラスト
 
以前から使おう使おうとら思っていたサービス。それがLINEポケオです。LINEが手がけるテイクアウトサービスです。LINEポケオ内で決済してしまえば、指定された時間に店舗に行って、テイクアウトができます。
使い方がよくわからなかったのと、LINEポイントの世界とは無縁だったので、忌避してきたのですが、破壊的な還元率のVisa LINE Payカードを手にした今、貯まりゆくLINEポイントの出口戦略として、LINEポケオの活用は必須なのではないかと思った次第です。
私は普段から松屋や日高屋を使います。主に店内の食事ですが、LINEポケオを利用するなら、テイクアウトでもいいかと思い始めました。
昨日、初めてLINEポケオを利用したときの状況です。
 
■松屋の牛めし2個
■定価760円
■初めて利用クーポンで500円引き
■貯まってたLINEポイント260P 充当
 
✅めでたく、実質0円で食べられました。
 
テイクアウトする時間は注文時から30分後以降を指定ということでした。このくらいなら許容範囲でしょう。LINEポケオの操作も問題なく、スムーズでございました。
 
これからもLINEポイントの出口戦略として有効に活用していきたいと思います。