サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【あり】マクドナルドのモバイルオーダーは時と場合によっては選択するに値する決済手段〜三井住友カードのVISAタッチ決済の5%還元は使えないけど〜

 

 

 

わたくしサラリーマン乞食は最近マクドナルドにお世話になる回数が増えています。

昼食を吉野家やはなまるうどん等で食べた後にマクドナルドでコーヒーを飲んで一服するのが最近の乞食のルーティンです。

冷暖房完備で100円払えば椅子に座ってまったりできる環境はありがたいことこのうえないです。

支払いを三井住友カードのVISAタッチ決済にすれば5%還元を確実に得られるので実質95円で飲めます。

 

が、しかしですね、最近レジ前に行列ができることが多く、それに並ぶのを躊躇するケースが多発してます。

乞食根性からすれば、時間を浪費してでも行列に並んで三井住友カードのVISAタッチ決済で注文するのがベストプラクティスなんでしょうが、昼休みのエンドが決まっている以上、1分たりともだるい時間を過ごすのは『やってない』です。

 

そんなときに便利なのがマクドナルド公式アプリからモバイルオーダーです。

これを使えば店員さんが座席まで持ってきてくれます。

モバイルオーダーはPayPayや楽天ペイやクレジットカード払いに対応していますが、VISAタッチ決済には対応していません。

したがって5%還元を勝ち取ることはできません。

100円の注文なので、【5円】を拾うために数分の間、行列に並ぶことが【見合う】かどうかを毎回自問自答しています。

いまの乞食の心境であれば、会社のランチタイムにおいてはモバイルオーダーで頼むことを選択します。

さすがに仕事で疲れている状態で5円のために数分も並ぶのはしんどすぎます。

 

なお、モバイルオーダーであれば、モバイルオーダー限定のクーポンを使える可能性があります。

 

f:id:yaorim:20221119134643j:image

 

上記の画像のクーポンだとコーヒーMサイズ(定価150円)が100円で飲めます。

マクドナルドのコーヒーMサイズは成人男性からの乞食には十分すぎる量です。

 

マクドナルドのモバイルオーダーは時と場合によっては選択するに値する決済手段と言えます。

マクドナルドのモバイルオーダーはユーザーインターフェイスも非常に良いと感じます。

楽天ポイントやdポイントの読み取りもできるようになるとよりいいのですが、それは今後に期待したいところです。

 

 

 

■関連記事

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com