サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【実録】あおぞら銀行BANK支店に1000万円預けてもらえる驚きの普通預金利息の算出根拠を示してみた

f:id:yaorim:20220813035534j:image

 

 

わたくしサラリーマン乞食はあおぞら銀行BANK支店を無リスク資産の置き所として利用しています。

理由はただ一つ。

 

✅普通預金金利が0.20%

 

だからです。

 

この0.2%というのはあまりにも破壊的であります。

 

メガバンクの普通預金金利は0.001%です。

個人向け国債3年は0.05%です。

個人向け国債や定期預金は中途解約したらペナルティを受けます(元本は保証されますが)。

 

一方で、普通預金は「いつでも引き出せる」という流動性を有しています。

 

あおぞら銀行BANK支店の普通預金は相対的に高金利であり流動性も兼ね備えている最強の無リスク資産であるといえます。

 

さて、そんなあおぞら銀行BANK支店ですが、年に2回の普通預金利息決算日があります。

具体的には、2月・8月の第2金曜日の翌日となっています。

2022年は2月12日(土)と8月13日(土)となります。

 

乞食はその日が近づくに連れ、興奮して睡眠時間が浅くなります(意外とマジですww)

そして迎えた8月13日(土)。

前日は普通にサラリーマンとして仕事をして疲れていたので、22時30分すぎには就寝しました。

熟睡したいと思っていましたが、興奮して無理でした。

目覚ましの力も借りず、むくっと起き上がったその時間は3時43分でした。

早い、早過ぎます!!

それだけあおぞら銀行BANK支店への想いが強いんですね。

無意識下の意識がすごすぎる。。。

起床後すぐにスマホをいじってあおぞら銀行BANK支店アプリを起動。

そのときにスクショした画像がこちら⬇️⬇️

 

f:id:yaorim:20220813035542j:image

 

 

こんな早朝(深夜?)でもしっかりと普通預金利息が着弾しています!!

その額7,947円

摘要は「ケッサンリソク」。

 

なぜこの数字になるのか、7,947円の算出根拠を示してみます。

 

①利息:1000万円×0.20%=20,000円

②税金:20,000円×20.315%=4,063円

③真水の利息:20,000円-4,063円=15,937円

④日割りの利息:15,937円÷365日≒43.66円

⑤この半年間の利息:43.66円×182日=7946.12円→切り上げて7,947円

 

改めて計算してみると面白いものですね。

1日あたり43円の利息をもらえてるんですね。

それが積もり重なって半年で8000円弱となります。

何も考えずにメガバンクの普通預金に1000万円を放置していたら40円しか利息がつきません。

こんな不経済なこと極力忌避すべきです。

あおぞら銀行BANK支店のいいところは、「誰でも」「条件なし」で普通預金金利0.20%を享受できる点です。

当座使わない資金であり、かつ、リスク資産に突っ込みたくない資金であれば、あおぞら銀行BANK支店に預けておくことは非常に合理的です。

1000万円までならペイオフ適用となるので、万一、あおぞら銀行が破綻しても保護されます。

 

 

🌺読めば納得&お得を絶対享受できる厳選おすすめ情報🌺

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

■関連記事

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com