サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【BITO】ビットコインETFがSBI証券で買えると安易に思った乞食がバカタレだった話

2021/10/18(月)に爆誕したビットコインETF「BITO」は、2021/10/19(火)から購入できることになりました。

 

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

が、しかし

 

買えないのです(-_-;)

 

この事実にわたくしサラリーマン乞食は絶望しました。

乞食が愛用しているSBI証券で『ティッカーコード「BIT」から始まるETFを検索』をしてもBITOが出てきません💦💦

 

f:id:yaorim:20211020223152j:plain

「BIT」から始まるETFで出てくるのは

 

■BITF ビットファームズ

■BTBT ビットデジタル

■BTCM ビットマイニング

 

この3銘柄のみです。

 

乞食がどうしても購入したいBITOは見当たりません💦💦

何回も検索しましたが結果は同じでした💦💦

 

SBI証券で購入できないのであれば楽天証券やマネックス証券はどうか。

結果は同じでした。

BITOは主要ネット証券では買えないのです💦💦

 

これは困りました。

確かに言われてみれば証券会社ごとに購入できる米国ETFの種類は違います。

2021/10/20現在で各証券会社で購入できる米国ETFの種類はこちら⇩⇩

 

■SBI証券:327銘柄

■楽天証券:418銘柄

■マネックス証券:341銘柄

 

証券会社が販売するETFをある種恣意的に決定しているのです。

この事実を目の当たりにすると、BITOが買える日はいつになることやら…

日本の金融当局がビットコイン含む暗号資産(仮想通貨)に対してポジティブな眼差しになっている認識は乞食にはありません。

こんな注意喚起も2021/4/7になされています。

 

www.fsa.go.jp

 

今般、米国証券取引委員会(SEC)がビットコインETFを承認したことを受け、じわじわと「外圧」的な感じで、なし崩し的に、日本の金融当局が暗号資産(仮想通貨)に対して軟化することを切に望みます。

 

まあ日本の証券会社でBITOを買うのは諦めて業界最大手のコインチェックでビットコインの現物を買いましょう。

コインチェックの口座開設がまだの方はポイントサイト経由で作成すると1万円とか2万円とかの額の報酬をもらえます。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

くれぐれも公式HPから申し込むなんてことのないようにしましょう。

ポイントサイトハピタスへの無料登録はこちら⇩⇩

無料登録

f:id:yaorim:20211101214147j:plain

f:id:yaorim:20211104210949p:plain