サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

どうせ捨てゆく運命にあるレシートを「CODE」経由で3000dポイントに生成できた話

わたくしサラリーマン乞食はレシートアプリCODEを利用しています。

 

code.r-n-i.jp

 

このたび生涯10回目の300dポイント交換を達成しましたのでご報告申し上げます。

2021年単年においては6回目の交換、すなわち1800dポイントの交換となります。

 

 

f:id:yaorim:20211220211706j:plain

 

こうしてみると、およそ2ヶ月強に1回の頻度で300dポイントに交換できていることがわかります。

これが頻度的にどうなのかはわかりかねます。

1年で均すと年間1800dポイント(月次150dポイント、日次5dポイント)はもらえるというわけです。

どうせ捨てゆく運命にあるレシートをカメラで撮って、その後、買った商品のバーコードを読み込む。

この所作ははっきり言ってめんどくさいです。

続けるべきかどうか迷っています。

惰性で続けているのが正直なところです。

2022年はコスパが見合わないポイ活乞食を一刀両断する年になりそうです。

いまからワクワクしています。