サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(トータルリターン+1800万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

【撃破】0120-925-235からの電話〜「カード会社と保険勧誘」は鉄板セットなり〜

f:id:yaorim:20220117212834p:plain

 

あれは土曜日の夕方のことでした。

楽しみにしていたモーニングスターカンファレンスが終了し、ガストで一人打ち上げをしているときにかかってきた電話。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

それが

■0120-925-235

からの電話でした。

 

 

 

着信元は「三井住友カード」。

内容は「保険の勧誘」。

「カード会社と保険勧誘」というあるあるの鉄板セットでした。

 

オペレーター:「お電話口はサラリーマン乞食様でいらっしゃいますか?」

乞食:「さようでございますが。」

オペレーター:「ありがとうございます。早速なんですが、本日はおすすめの保険のご案内をと思ってお電話いたしました。今までに3大疾病にかかったことがない方であれば、お客さまのご年齢ですと3000円台で…」

乞食:「保険の勧誘なら間に合っているので結構です。御社の顧客システムに『勧誘不要』と登録しておいてください。

オペレーター:「かしこまりました。お忙しい時間、大変失礼いたしました。」

 

こんな内容でした。

オペレーターの人も大変でしたね。

まさか乞食のような人間だとは思わなかったでしょうから。

乞食的には「民間の医療保険は必要ない」と考えています。

日本で保険医療を受けるとなれば3割負担で済みますし、月間の保険料がとんでもなくかかってしまった場合は高額療養費制度で救われます。

となれば、民間の医療保険に支払う保険料を別のサイフで貯めていた方がはるかにいのではないかと思うのです。

正直、100万円とか200万円くらいなら普通に出せます。

心は乞食ですが、資産は乞食ではありません。

民間の医療保険は「病気いっぱいするぞ!」「怪我をいっぱいするぞ!」と自信をもって言える方や本当に資産が10万円もないような方(医療費を払うと破産するくらいカツカツな方)が入ればいいんだと思います。

相応に資産を有しているのであれば民間の医療保険に入る理由を見つける方が困難です。

 

 

 

なお、そんな乞食でも、

①じぶんの積立(明治安田生命)・・・一般の生命保険料控除

②たのしみ未来(住友生命)・・・個人年金保険料控除

には、それぞれの保険料控除が目一杯適用となるように加入はしています。

この2つは「保険」として入ってるのではなく、「節税」のために入っています。

詳しくは下記記事をご覧ください。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com