サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【考】ゴミのような金利しかつかない銀行預金にフルベットするのは狂気の沙汰〜約20年ぶりの円安(1ドル126円)に思う〜

f:id:yaorim:20220413214243p:plain

 

最近のもっぱらの関心事はドル円相場です。

円安が進行しています。

 

www3.nhk.or.jp

円相場 1ドル=126円台まで値下がり 約20年ぶりの円安水準に

13日の外国為替市場、円相場は1ドル=126円台まで値下がりし、およそ20年ぶりの円安水準となりました。

13日の外国為替市場は投資家の間で金融政策の方向性の違いから日米の金利差の拡大が改めて意識され、円を売って、より利回りが見込めるドルを買う動きが一段と強まりました。

円相場は1ドル=126円台まで値下がりし、2002年5月以来、19年11か月ぶりの円安水準となりました。

 

ついぞ3月までは1ドル115円くらいでうろうろしていたのですが、3月中旬から円安ブーストがハンパないことになり、2022年4月13日時点では126円を突破。

これは2002年5月以来で実に19年11ヶ月ぶりとのことです。

 

円安の要因はさまざまあろうかと思いますが、一番よく言われているのは

 

✅日米の政策金利の方向性の違い

 

でしょう。

インフレ懸念が顕在化し利上げを急ぐ米国と、頑なに「ゼロ金利政策」にこだわる日本。

為替の世界では金利の低い通貨から金利の高い通貨に資金シフトするのは(それが合ってるか合ってないかということはどうでもよく)十分に起こりうることです。

 

わたくしサラリーマン乞食はなけなしの1000万円をSBI証券にぶち込んで運用をしておりますが、今回の円安の影響はモロに受けています。

これは「良い方に」という意味です。

乞食のポートフォリオの中心は外国株式インデックスの投信です。

米ドルの実質的保有比率はSBI証券における保有資産の7割を優に超えます。

円安がメリットになるポートフォリオを組んでおいて正解でした。

 

投資はリスクがあると言われ、徹底的に忌避する方もいらっしゃいます。

が、そのような方は「日本円にフルベット状態」なのです。

これはある意味「異常」であると言えます。

ゴミのような金利しかつかない銀行預金にフルベットしているのです。

乞食しかしたら狂気の沙汰です。

円が今後も強い通貨であり続ける確信があるならよいとは思うんですが、賃金が上がらず、コストプッシュインフレがじわじわと進み、米国のような成長産業が現れる土壌がない日本にフルベットすることは乞食的には「ちがう」と思います。

もちろん日本で生活するので日本円は大事です。

しかしながら、「資産の一部は日本円以外の資産で持つ」という選択肢をはなから除外してはならないと思います。

国際分散投資が今こそ叫ばれてよいと思います。