サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、サラリーマンが本業、インデックス投資(4000万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

【感銘・感動・感謝・申し訳ない】明治安田生命の超節税保険「じぶんの積立」の2回目の契約をしに行ってきた時に生じた感情

 

 

先月のことですが、明治安田生命様の超節税保険「じぶんの積立」を契約しに行ってきました。

既に5年前にじぶんの積立を契約していたのですが、このたび保険料払込期間が満了となります。

今回が2回目の契約となります。

 

なお、伺うにあたっては事前にネット予約をしました。

 

www.meijiyasuda.co.jp

 

じぶんの積立は明治安田生命様の戦略的商品であるので、ネット申込や郵送申込はできず、必ず「対面」申込となります。

「対面」にこだわる理由としては、

 

①じぶんの積立は餌→セールス機会を確保

②セールスしてじぶんの積立以外の商品を噛ませる

 

が挙げられます。

 

じぶんの積立はいつ解約しても返戻金が100%保証しているうえに、一般の生命料保険料控除の対象となる奇跡の節税商品です。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

客にとっていい商品は裏を返せば「保険会社にとっては悪い商品」ということになります。

じぶんの積立単体では間違いなく赤字だと思われます。

対面セールスをするにも人件費がかかりますからね。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

 

さて、今回の契約に際してかかった時間はどれほどだったのでしょうか。

対応いただく明治安田生命様の職員様には大変申し訳ないのですが、乞食は一般の生命保険料控除のためだけにじぶんの積立を契約する「じぶんの積立乞食」であります。

お互いのためになるべく時間をかけずに契約を済ますのがスマートだと思うので、乞食からは質問を全くせずに、職員様の説明に「はい。」「わかりました。」を連呼しました。

職員様は一応、外貨(米ドル)建ての一般の生命料保険料控除対応商品もサラっと案内しておられましたが、乞食が「今回は円建てでお願いします。」と率直に申し上げたのが奏功してか、それ以後一切のセールスがなされませんでした。

察していただいた職員様のプロ意識に感銘を受けました。

おかげさまで、契約にかかった時間はおよそ25分でした。

激早です。

感動しました。

乞食を対応してくださった職員様には感謝しかりません。

この場を借りて感謝申し上げます。

そして、明治安田生命様の1円の利益にもならない点については、ご期待に添えず申し訳ないという気持ちしかありません。

乞食は無駄な保険はかけない主義ですので、いくらセールスされても鉄メンタルで跳ね返す所存であります。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。