サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(元本500万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食(楽天キャッシュ含む)/外貨積立乞食/被振込乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【受難】楽天経済圏のありとあらゆるサービスの改悪の原因を突き止めた〜楽天モバイルの大赤字〜

f:id:yaorim:20220219134510p:plain

 

先日、楽天グループが決算発表をしました。

その内容が衝撃的でした。

 

corp.rakuten.co.jp

 

 

 

 

f:id:yaorim:20220219132925p:plain

 

セグメントの概況のセグメント損益を取り出したのが上記図です。

これ見て、どう思いますか?

 

✅インターネット事業の楽天市場は儲かってるんだなぁ。

✅フィンテック事業(楽天カード、楽天銀行、楽天証券)は安定しているなぁ。

✅えっ!?モバイル事業の赤字が4211億円!?

✅モバイル事業のせいで全体が大赤字(2245億円)じゃん!!

 

わたくしサラリーマン乞食はこのような感想に至るになりました。

 

いやあ、想定を超えるモバイル事業の苦戦ですね。

これじゃあ、楽天経済圏のありとあらゆるサービスが「改悪」の一途をたどるのは止むを得ないですね。

ポイントをばら撒いている場合じゃない‼️

 

■楽天グループ改悪シリーズ記事

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

楽天モバイルの赤字は成長のための先行投資なのでしょうか。

それとも楽天グループを地獄に追いやる悪魔の投資なのでしょうか。

将来がどうなるかはわかりませんが、少なくとも現在においては楽天グループを蝕んでいる事業であることは間違いなさそうです。

 

ポイ活乞食にとっては楽天グループからおこぼれを授かるのは難しい時代になったようです💦