サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(トータルリターン+1800万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

【黒船襲来】今春から楽天ペイで公共料金や税金を支払えるようになる〜2.5%還元はカタい!?〜

 

楽天ペイが台風の目というか黒船襲来になりそうです。

 

payment.rakuten.co.jp

 

2023年02月10日

「楽天ペイ」で支払いができる「楽天ペイ(請求書払い)」今春提供開始

 

 税金や公共料金の支払いでもポイントが貯まってお得に -  

 

楽天ペイメント株式会社(以下「楽天ペイメント」)は、「楽天ペイ(アプリ決済)」において、4月17日(月)より、税金や公共料金などの請求書から、バーコードやQRコードを読み込むことで、支払いができる「楽天ペイ(請求書払い)」の提供を開始します。   

 

「楽天ペイ(請求書払い)」により、利用者は公共料金などを自宅にいながら24時間いつでも支払いができ、支払いのためにコンビニや銀行などへ外出したり、現金を引き出したりする時間や手間を省くことができます。「楽天ペイ(請求書払い)」は、「楽天ポイント」「楽天キャッシュ」が利用可能です。また、「楽天カード」から「楽天キャッシュ」へチャージをすると0.5%の「楽天ポイント」が還元されるため、現金で支払うより0.5%お得になります。   

 

「楽天ペイ(請求書払い)」は、ガス、水道、電気などの公共料金や自動車税種別割、固定資産税、住民税などの税金に順次対応していきます。

 

 

なんでも2023年4月17日から楽天ペイで公共料金や税金を払えるようになるということです。

これはすごいことです。

どういうことか?

わたくしサラリーマン乞食は公共料金をリクルートカードというクレジットカード払いで支払っています。

リクルートカードの還元率は1.2%です。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

まあそれでも口座振替やコンビニ払いよりはお得だと思うのですが、公共料金が楽天ペイで支払えるようになれば、多少面倒でも請求書払いで払いたくなるインセンティブが出てきます。

楽天ペイでの支払いには楽天ポイントや楽天キャッシュが充当できます。

特に後者の楽天キャッシュについては、ファミマTカードでファミペイチャージして5と0のつく日にファミマでファミペイ払いで購入すれば都合2.5%の還元率となります。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

そこまで難しいプロセスなくして公共料金の支払いで2.5%還元を受けられるとしたら、ありがたすぎます。

 

 

いやいや待てよ!?

楽天ペイってそもそも支払い金額100円ごとに1ポイントの楽天ポイントもらえますよね。。。

還元率は1.0%。

となると、2.5%+1.0%=3.5%の還元率になるのでしょうか!?

だとしたら、なおさら請求書払いに変更するよりほかないですね♪♪

 

今回の楽天サイドの発表はあくまでも「概要」です。

続報を待ちたいところです。

 

なお、ファミマTカードをお持ちでない方は今のうちに仕込んでおきましょう。

申込するなら公式HP経由ではなく、ポイントサイト経由が圧倒的にお得です。

乞食は大手のハハピタスというポイントサイトを利用しています。

ファミマTカードの発行だけで数千円相当のポイントがもらえます(時期によって変動します)。

 

 

ポイントサイト経由で取り組まない方は実質的に損をするのと同義です。

ご興味ある方はこちらからハピタスへご登録ださい。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス