サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(トータルリターン+1800万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

相場ウィークリー〜セルインメイが月末にやってきた感じ〜

 

わたしのメイン証券口座アカウントたるSBI証券での運用成果について週次で振り返ってみます。

 

■元本:3000万円→4641万円

■トータルリターン:1680万円→1641万円(▲0.83%)

■日経225:38646→38484(▲0.42%)

■NYダウ:39069→38686(▲0.98%)

■S&P500:5304→5277(▲0.51%)

■NASDAQ:16920→16735(▲1.09%)

■ドル円:157.14→156.75(▲0.25%)

 

全て下落💦

5月29日(水)にトータルリターン過去最高値の1698万円をつけてから木金で57万円も下落💦

悲しみです。

週後半で変調した要因としては、米国の利下げ観測後退からの株安です。

ダウもS&P500もNASDAQも息切れ気味です。

セルインメイが最終週にやってきた感じですね。

 

最近、個人的に気になっているの新発10年もの国債の利回りが1%を普通に超えてきて1%以上に留まっています。

日本も今年は複数回利上げあるんじゃないでしょうか。

利上げあるとすればめちゃくちゃ久しぶりです。

2007年以来ですか。

 

www.sankei.com

 

31日の国債市場で、長期金利の指標である新発10年債(374回債、表面利率0・8%)の終値利回りは前日より0・015%高い1・070%だった。

日本銀行が早期に国債買い入れを減額するとの観測から、国債が売られて利回りが上がった。ただ円安進行の一服感などを背景に、上昇幅は限定的だった。

大阪取引所10年国債先物の中心限月である6月きりは21銭安の142円99銭。