サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(トータルリターン+1800万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

相場ウィークリー〜トータルリターンが1600万円を超えてしまった〜

 

 

わたしのメイン証券口座アカウントたるSBI証券での運用成果について週次で振り返ってみます。

 

■元本:3000万円→4603万円

■トータルリターン:1501万円→1603万円(+2.26%)

■日経225:37934→38229(+0.77%)

■NYダウ:38239→39512(+3.32%)

■S&P500:5099→5222(+2.41%)

■NASDAQ:15927→16340(+2.59%)

■ドル円:155.77→155.69(▲0.05%)

 

トータルリターンが初めて1600万円台に突入しました!!

今年に入ってからのトータルリターンの推移です↓↓

 

 

見事な右肩上がりです。

 

「市場に居続ける」

「メインはインデックスファンド」

「基本ガチホ」

 

これらを守るだけで相応のリターンが得られます。

 

とはいえ、今年に入ってからのプラスは実に534万円。

わけわかりません。

明らかに「出来過ぎ」です。

調子に乗らないようにしなきゃいけません。

 

さて、マーケットはどんな感じか。

為替はドル円が一時160円台までいったものの、為替介入ぽいのが入ったりで一時151円台までぶっ込み、波乱万丈な感じです。

 

 

株価は米国は堅調、日本は弱っちいです。

米国は労働市場の弱含みが指標で表れ、利下げ観測が出てきて、それをもとに株価が上昇している感じです。

日本は年初からのスピード上昇の「調整」的な感じです。

決算見通しで思ったほど利益見込みが上がってこないのも一因かもしれません。