サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円超)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/楽天キャッシュ決済乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/ファミペイPOSAカード乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/キャンペーン乞食、、、乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

運用報告書_2022年8月_投下資本大幅引き揚げという決断

 

 

わたくしサラリーマン乞食はSBI証券をメイン口座として運用しています。

6月までは投資元本1000万円で運用していました。

が、7月に投資元本500万円減額しました。

そして、8月は更に300万円減額して、現在の投下資本は200万円ということになっています。

抜いた300万円は例によってauじぶん銀行の普通預金(金利0.2%)にぶちこんでいます。

 

さて、8月の運用実績はいかほどだったのでしょうか。

 

■投資元本:200万円

■時価:1020万円

■損益:+820万円

■前月比損益:+20万円

 

投下資本を減額したことによって、当たり前ですがエクスポージャーが減りました。

したがって、リスク(値動き)が減少しました。

リスク許容度がしょぼいことがわかってしまった乞食にとっては、とりあえず時価1000万円くらいにしておくのが現段階では「吉」だという判断に至りました。

 

8月のマーケットの一大事といえば、8月26日のジャクソンホールでのパウエルFRB議長講演でした。

www.nikkei.com

【ジャクソンホール(米ワイオミング州)=高見浩輔、斉藤雄太】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は26日、経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」で講演し、高インフレの抑制について「やり遂げるまでやり続けなければならない」と利上げ継続を表明した。来年の利下げ転換を織り込み出した市場の動きを念頭に「歴史は時期尚早な金融緩和を強く戒めている」とけん制した。

 

パウエル氏のメッセージを一言で言うと、

 

😡インフレ退治するまで利上げするよ!!勝手に来年の利下げ折り込んでんじゃねーよ!!😡

 

こんな感じになるものと考えます。

 

インフレが長期化することで期待インフレ率が高くなり、そうなるとどうにもこうにもインフレを是正することができなくなってしまうことへの危機感がパウエル氏にはあるのだと思います。

8%を超えるインフレに対し、米国の政策金利(FFレート)は現在2.25%~2.50%です。

次回のFOMCでもどうやら3回連続の0.75%利上げが濃厚と見られます。

 

インフレが落ち着くか、変わらないか、はたまた更に上がるか、未来のことはわかりませんが、乞食的にはFRBの利上げ姿勢はこれからも相応の期間は「強気」であると予想しています。

その予想に基づくと、一時的であれ「FRBは株価が下がるのを許容する」ものと思われます。

となると、エクスポージャは減らしておいてほうがいいなと思ったので、冒頭に記したとおり、投下資本を200万円、時価を1000万円程度にした次第です。

年初は投下資本2000万円でエクスポージャが2800万円もあったわけですから、それと比べると隔世の感があります。

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

乞食のこの決断が吉とでるか凶と出るかはわかりません。

正直、どっちでもいいです。

それよりも大事なことは納得です。

自分で稼いだお金を投じるわけですから、そこには自分としての納得がなければ、やってられません。

今回の「投下資本大幅引き揚げ」という決断は乞食的にはめちゃくちゃ納得しています。

なので、これでいいんです。

 

🌸投資は納得が全て🌸

 

9月10日(土)にはモーニングスター社主催の年に一度の大イベント「投信EXPO」があります。

そこで同社の朝倉社長の基調講演を拝聴して、今後の投資方針の参考にしていければと思います。

www.morningstar.co.jp

 

■過去の投信EXPO体験記

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com