サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【うめぇ】生娘牛丼中毒事件で発表会中止の吉野家の親子丼が実質377円で食べられる件

 

www.yoshinoya.com

 

最近なにかと話題の吉野家。

満を持して登場の親子丼の発表会が中止に追い込まれる始末。

 

news.tv-asahi.co.jp

 

「生娘のうちに牛丼中毒にする」などと口にしたことが波紋を広げていました。吉野家ホールディングスは、大学の講座で不適切な発言をした常務取締役を解任したと発表しました。

 18日に解任されたのは、大手牛丼チェーン「吉野家」の伊東正明常務取締役です。

 吉野家ホールディングス:「株式会社吉野家取締役から解任しましたのでご報告します」

 問題となったのは今月16日、早稲田大学で行われた社会人向けの講座で、伊東氏が口にした言葉です。

 「若者向けのマーケディング戦略」について、こういう趣旨の発言をしたといいます。

 伊東氏の発言の趣旨:「田舎から出てきた右も左も分からない若い女の子を、無垢(むく)・生娘のうちに牛丼中毒にする。男に高い飯をおごってもらえるようになれば、絶対食べない」

 伊東氏は、薬物の隠語も使い「生娘のうちに牛丼中毒にする」などと発言。

 街の人(20代):「『生娘』というのは良くない。上に立つ人の発言ではない」「もう吉野家には行かないかな」「ばかにされているような感じ。皆そうだと思う」

 伊東氏が講師を務めた早稲田大学の講座は、募集人員が40人程度。期間は今月16日から7月30日までで、受講料は38万5000円とあります。

 講師は20人以上。「産業界や学術界の第一線で活躍する著名な講師」と紹介されています。

 伊東氏も当初は紹介されていましたが、現在は大学のホームページから削除されています。

 早稲田大学:「教育機関として到底容認できるものではありません。講座担当から直ちに降りて頂きます」

 2年前、伊東氏はコロナ禍での持ち帰り牛丼の取材で「飲食店の使命」について語っていました。

 吉野家・伊東正明常務(当時):「食の安定的な提供というのは、日常食の飲食をしている我々からすると『使命』というか『役割』だと思っている」

 吉野家は解任の理由について発表し、謝罪しました。

 吉野家ホールディングス:「同氏は人権・ジェンダー問題の観点から、到底、許容することのできない、職務上著しく不適任な言動があったため、取締役から解任しました。皆様にはご心配とご迷惑をお掛けしておりますことを、深くおわび申し上げます」

 吉野家は、10年かけて開発したという新商品の親子丼について19日に発表会を開く予定でしたが、取りやめました。

 

 

そんな親子丼ですが、「逆に」注目を集める形となり、吉野家乞食であるわたくしサラリーマン乞食はどうしても食べたくなってしまいました。

思い立ったが吉日、吉野家に行ってきました。

 

乞食が店内に入った時点で先客は2名。

その2名とも親子丼を注文。

乞食も親子丼を注文。

牛丼屋なのに親子丼のオーダーがぽんぽん入ります。

そして、後に入ってきた2名も同様に親子丼を注文。

まさかの全員親子丼(笑)

厨房も大変そうです。

待つこと3分。

提供された親子丼を一口食べてびっくり。

 

うめぇぇっぇぇぇっぇっぇぇっぇぇっぇぇっぇぇ

 

正直ナメてました。

吉野家の牛丼以外のメニューはキワモノ系も結構あるのでリピート必至とはならないのが多いのですが、今回の親子丼はさすが10年もかけて開発した品だけあって、甘ジョッパイだし感がたまりません。

乞食の安っぽい品は大満足です。

リピート確定となりました。

 

さて、お会計ですが、親子丼(並)は税込437円。

ありえない安さ。

コンビニ弁当より安い。

ドル換算なら3.5ドルくらい。

マジで最高かよ。

 

会計ではもちろん吉野家株主優待券(300円券面)を出して、残りをジェフグルメカード(500円券面)で支払ってお釣りを受け取る。

するとあら不思議。

実質377円※で親子丼が食べられます。

※吉野家株主優待券は270円で仕入れ、ジェフグルメカードは470円で仕入れ

乞食になってよかったと感じる瞬間です。

 

 

 

関連記事です。

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com