サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、サラリーマンが本業、インデックス投資(2000万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/楽天キャッシュ決済乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食、、、乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【疑問解消】冷房と除湿(ドライ)はどちらが電気代がお得なのか?

 

 

今年もクソ暑い夏がやってきます🔥

東京の夏はジメジメとしていて、それでいて暑い。

東京の35℃と地方の35℃は明らかに体感温度が違う気がします。

 

そんな夏にクーラーは欠かせません。

電気代が超高騰していますが、だからといってクーラーを使わないという選択肢はありません。

クーラーを使わなければ生命の危機に直結するからです。

 

さて、ここで長年の疑問が。

 

✅冷房と除湿(ドライ)はどちらが電気代がお得なのか?

 

感覚的には除湿(ドライ)のほうが高尚っぽいので、除湿(ドライ)のほうが電気代が高いのかと思っていました。

ネットを調べてみると、天下のPanasonic様のHPに正解が載ってありました。

 

panasonic.jp

 

電気代がかかるのはどっち?  

冷房も除湿も、消費電力に大きな差はありません。

また、どちらを使う場合でも、設定温度を高くしたほうが節電になります。

「暑いのでまずは涼しくしたい!」という時は冷房を、「暑いけれどジメジメ感も気になる!」という時は冷房除湿を使うことをオススメします。

 

結論としてはどちらも大差なしということでした。

 

なんか拍子抜けですが、これを知ったからにはその時の気分で冷房か除湿(ドライ)かを選択していきたいと思います。