サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【改めて】楽天チェックを一言で表すと「ポイ活スタンプラリー」

わたくしサラリーマン乞食は楽天チェックというアプリを利用しています。

「ある場所」に立ち寄って楽天チェックアプリを起動すると楽天ポイントが最低1ポイントもらえます。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

乞食は日課としてローソン3店舗に毎日立ち寄ります。

週末はデイリーヤマザキにも立ち寄ります。

週1でマツモトキヨシにも立ち寄ります(10ポイント)。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

その他、ダイコクドラッグや西友や松坂屋とかも近くに行く機会があれば立ち寄ります。

 

もちろん、全ての場所は文字通り「立ち寄るだけ」で、何も買いません(乞食ですから購買能力はないので当然です)。

店員さんから訝しげな感じで見られても気にしません。

鉄メンタルが必要です。

 

乞食にとって楽天チェックを一言で表すと、

 

✅ポイ活スタンプラリー

 

なのであります。

 

楽天チェックは「ちりも積もれば山となる」の典型です。

乞食が楽天チェックを嗜み始めてからの実績はこんな感じです⬇️⬇️

 

《2022年5月末現在》

f:id:yaorim:20220531202505j:image

 

1ヶ月150Pくらいは確実に拾えます。

1日に直すと5Pくらいですね。

これを多いと思うか少ないと思うかは人次第ですが、乞食なのでこれくらいの小銭は拾いにいきます。