サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価4600万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

ファミペイで無駄にチャージして無駄に買った楽天ポイントギフトカードから発生した楽天期間限定ポイントの合理的な使い道

無駄に長いタイトルですね。すいません。ファミペイの利用履歴を作らんとするためにファミペイチャージしてから楽天ポイントギフトカードを5,000円分購入したわけですが、5,000円分の楽天ポイントって通常ポイントではなくて期間限定ポイントなんですよね。これ、少々使い勝手を考えなくちゃいけないわけでして。
まあ、楽天経済圏に生息しているので、ふるさと納税の支払に期間限定ポイントを充当すればいいんですけど、そうすると楽天カード支払分のSPUが全く取れないので、合理的ではないんですよね。
また、旧楽天モバイルも契約しているので、その請求に期間限定ポイントを当てることもできるのですが、3.1GBプラン(データSIM)なので、月額992円なんですよね。5,000円分使い切るのに5か月かかります。
一応、最も合理的かなと思っていたのが楽天ペイなんですね。楽天ペイでポイント利用で決済すれば、そこにも1%のポイント還元がつきます。松屋とかウェルシアで使えばいいので、使い道はある程度あるということです。
 
上記の使い道があるのはわかっているのですが、5,000Pとかそれ以上のポイントをファミペイチャージで得てしまうと、さすがに使い切るのに時間がかかるかなと。しかも期間限定なので6か月後には失効してしまうわけです。半年あるとはいえ、なんか急かされてる気もして、買い物時に平時の判断ができなくなる(ポイントを使い切らなくちゃ的な思考が頭をよぎる)おそれもあります。何かいい策はないかと思案にふけっていましたが、一つ、私にとってベターな解があったので記述しておきます。
 
ラクマ吉野家株主優待券を額面未満で買う時に楽天期間限定ポイントを充当する
 
これです。私にはこれなんです。
吉野家のヘビーユーザーではないのですが、週に1回はほぼ確実にお世話になっています。吉野家株主優待券は300円額面なので行けば確実に1枚は使います。他にも、はなまるうどん海鮮三崎港京樽等でも使えます。私の行動様式であれば、吉野家株主優待券は2か月ちょいで確実に費消する自信があります。
ラクマにおいては、10枚セットが2,850円程度で売られています。5%OFFでおトクに買えるわけです。しかも、今売られている吉野家株主優待券の期限が2021年5月31日ですので、楽天期間限定ポイントの6か月より延長することができます。
 
自分が納得できる結論が出ましたので、善は急げで、早速ラクマを初利用しました。2,850円で吉野家株主優待券10枚を買いました。いつもメルカリを使っていたのですが、ユーザーインターフェイスはほとんどメルカリと同じだったので、難なく利用できました。しかも、おトクなことに本日9/11より初めてのお買い物で購入額の50%分ポイント還元なるキャンペーンも実施(~9/27)ということでしたのでエントリーしました(まじでたまたま偶然です。ひゃっほー!)。2,850円の50%は1,425円なので1,425Pもらえるかと思いましたが、注意書きをよく見てみると最大1,000Pとのことでした。1,000Pは10/30付与予定とのことなので首を長くして待っています。
 
これにてファミペイで無駄にチャージして無駄に得た楽天期間限定ポイントについて脳のリソースを無駄に使う必要がなくなりました。めでたしめでたし。