サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

1万円相当のVポイントプレゼントをもらうための経済合理的な攻略法を見つけた

三井住友カードナンバーレスが手元に届いてから約1か月経ちました。

とんでもない大還元キャンペーンをコンプリートすべく動いてきましたが、本日、朗報と思えるメールを三井住友カードから受信しました。

 

 

 

f:id:yaorim:20210311211400j:plain

これ、ご利用金額の20%相当のVポイント(最大1万Vポイント)がもらえるキャンペーンの2月分の利用金額に対してのプレゼント通知です。

 

わたくしサラリーマン乞食は当初、このキャンペーンを見て、

「とりあえず5万円を使えばいいんだな。2か月半で5万円ならまあいけるか。」

「5万円ならiPhone SE2を買えば値段的にちょうどいいかな。でも、いまのiPhoneもまだ使えしなー。」

「Vポイントへのクレジットカードチャージは対象なのかな。対象外っぽいなぁ。」 

と思いました。

 

正直、Vポイントへのチャージで条件が成就するなら、とりあえず5万円分チャージすればいいと思うんですよ。

なぜなら、チャージしたVポイントはiDとして使えるからです。

iDなら普段使いのスーパーで必ず利用できます。

ポイントの出口戦略を考える必要がないのは精神的に地味に大きいんです。

 

公式ページには

【対象とならないご利用条件】

キャッシングリボ、海外キャッシュサービス、その他ローンの返済金、リボ払い・分割払い手数料、年会費、弊社情報誌定期購読料、提携会社からの収納事務を委託された一部の保険料、ご利用いただいた加盟店から弊社あて売上票の到着が遅れた場合はご利用の対象となりません。

とあって、Vポイントチャージが対象外とは明確には書いてないんですが、

「そんなうまい話ないよね。」

と猜疑心いっぱいの乞食でした。

 

 

話を戻します。

冒頭のメールを受信して、文面を見てみると、

「Vポイント付与数」

なる数字がありました。

2000ポイントと記載されていました。

それを20%で割り戻すと、、、1万円

 

 

「あれ?これって、1万円チャージした分じゃね?」

 

そうなんです。 

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

以前、記事にもしたとおり、乞食は三井住友カードナンバーレスを使って1万円分のVポイントチャージをしていたのです‼

 

この経済合理的な攻略法を発見し、乞食は感動しました。

 

この直後に乞食が4万円分のVポイントチャージをしたのは言うまでもありません。

 

「いやはや、すっきりしたー‼」

 

 

 

 

■三井住友カードナンバーレス関連記事

まだまだ発行だけで8000円もらえるチャンスが転がっているので、未発行の方は是非ご覧ください。

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com