サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

1日自動車保険(ちょいのり保険)を利用してみた~車種の入力は必要か!?~

保険会社のイラスト

最近、義父の車を運転する機会がありました。

入っている自動車保険を確認したところ、義父以外の運転者が起こした事故についての補償はないことが判明しました。

わたくしサラリーマン乞食は家族を持っている社会人であるので、さすがに「無保険」で他人の自動車は運転できません。

ということで、このたび、初めて1日自動車保険を利用してみました。

 

 

 

乞食がチョイスしたのは、

東京海上日動のちょいのり保険 の24時間800円のシンプルプラン。

借りたお車を運転中の対人・対物事故に対して保険金をお支払いします。また、借りたお車に乗車している方が死亡やケガをした場合に保険金をお支払いいたします。

乞食的には対人補償(無制限)と対物補償(無制限)がついていればそれでOKです。

なお、車両補償がついているレギュラープランは24時間1800円ですが、ちょいのり保険申込初期は加入できないことに注意が必要です。

 

保険申込にあたって、自分と氏名/住所/電話番号以外の必要な情報が何か想像つかなかったのですが、

 

■免許証番号

■免許証有効期限

■借りる車の登録番号または車両番号

>>例:「品川 501 ね 1234」

 

これだけでした。

乞食が気にしていた「車種」を入力する画面はなかったです。

 

支払は携帯料金合算払いかクレジットカード払いかの二択です。

乞食はもちろん2%還元のVisa LINE Payカードでクレジットカード払いしました。

■クレジットカード発行するならポイントサイト経由がお得🎵

 

ということで、800円で他人の車を運転する際の安心が買えました。

この安心感は何物にも代えられません。