サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円超)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/楽天キャッシュ決済乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/ファミペイPOSAカード乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/キャンペーン乞食、、、乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

捨てるレシートがお金になる!?_楽天Pasha

 

再現性⭐️⭐️⭐️(指定のアプリで買ったレシートの写真を撮るだけ)

プラスα度⭐️(1日1~5円相当の楽天ポイント

 

楽天Pasha

https://pasha.rakuten.co.jp

 

楽天経済圏*で生きる人は入れておいて損はないアプリです。
*楽天経済圏•••楽天の各種サービスを複数利用することで一定高位の経済的恩恵を授かることができます。

 

■ポイントを獲得するまでの道のり

楽天Pashaアプリを インストールする

•アプリを起動

•「きょうのレシートキャンペーン」をクリック

•「きょうのレシートを送信」を押下してレシート撮影

•ポイントGET(1枚につき1ポイント、1日最大5ポイント)

 

はい、楽勝です。

どうせ捨てるレシート(=ゴミ)が価値を持つ瞬間です。

私はいちいちレシートを置いて撮影するのが面倒なので、左手にレシートを持って、右手にスマホを持って撮影します。それでも十分認識してくれます。

 

楽天の狙い

当該個人がリアル店舗でどのような購買行動を取っているのか、どのような嗜好があるのか、そういった類の情報を収集しているのでしょう。楽天の中の人はそれをマーケティングに活かすのでしょう。

 

こういう話をすると「個人情報があぁあぁ」という方が必ずいらっしゃいます。私はさして気になりません。私のような一介の人間の個人情報に何の価値があるというのでしょうか、いやありません(反語)。

「個人情報」をみなさん気にしすぎです。

2014年に起こったベネッセ個人情報流出事件のお詫びの金券が500円であったことを思い出せば、一介の個人の情報など大した価値はないのです(もちろんネット上に自分の住所や氏名がばらまかれるのは気持ち悪いですが)。

「レシート情報などくれてやる」の精神でその見返りとして楽天ポイントを頂戴します。

 

■よいこと

このアプリでもらえるポイントは期間限定ポイントです。使途制限ありです。貯まった期間限定ポイントの経済合理性上有効な消費方法については別稿で語らせていただきます。

 

■こだわらないこと

このアプリでは「トクダネ」といって、掲載されている商品をリアル店舗で買うと5~150ポイントというキャンペーン的なものもありますが、私はこれは基本的にはスルーしています。たまたま自分が買う商品(例えばビール)がその中にあれば儲けものといった感覚でよいかと思います。「トクダネ」のために本来起きなかったであろう消費行動を起こすのは不本意極まりません。

 

いかがでしたでしょうか。

1日1〜5ポイントが貯まるというのは単体ではしょぼいです。

であるがしかし、チリツモです。

どうせ捨てるレシートがお金になると思うと感慨深いです。

1ヶ月で大体30〜150ポイント貯まりますので、年換算360〜1800ポイント貯まります。

これを大きいと見るか小さいと見るかは読者のみなさま次第です。

私は大きいと見ます。

ゴミがお金となるのでノーリスクです。

レシートを撮影するたびにアプリを起動させる手間と天秤にかけて楽天Pashaの利用の是非をご検討ください。