サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(元本500万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食(楽天キャッシュ含む)/外貨積立乞食/被振込乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【大失態】Visa LINE Payカードを財布に入れないでいたらとんでもない目にあった

 

わたくしサラリーマン乞食は先日、ある大失態を犯しました。

 

とある商店で買い物(3300円)をしたときのことです。

会計時に意気揚々と、

 

「現金以外の支払い方法はなにかありますか?」

 

と店員さんに尋ねました。

 

ポイ活乞食的には現金で支払うのは最も忌避すべき行為です。

理由は簡単。

なんのポイントも貯まらないからです。

 

すると、店員さんの口から衝撃的な一言が、、、

 

 

 

 

 

「PayPayとかは対応してないんですが、クレジットカードならVISAとMasterなら対応しています。」

 

 

 

 

え?

これはやられました💦

 

Visa LINE Payカードが2022年4月いっぱいで2%還元を終了し、2022年5月から1%還元になったことを受け、乞食は1.2%還元のリクルートカードをメインカードの一つに据えたわけです。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

であるからして、乞食の財布の中にはVisa LINE Payカードではなく、リクルートカードしか入れていなかったのです💦

何を隠そう、乞食のリクルートカードのブランドは「JCB」であったのです💦

 

やむなく乞食は現金で払う羽目に。。。

 

これ、まごうことなき大失態です。

 

Visa LINE Payカード(でなくてもせめて任意の1%還元カード)を財布に入れておけば、3300円の支払いに対して1%還元の33円相当のポイントがついていました。

乞食は33円相当のポイント獲得機会を見事に逸しました。

 

まあ、くよくよしていてもしょうがありません。

今回の事案を教訓にして、Visa LINE Payカードも財布に入れておくことにしたいと思います。

 

🔖カードブランドを分散させたクレジットカードを複数枚財布に入れておく

 

至極当たり前の教訓でございましたとさ。