サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、サラリーマンが本業、インデックス投資(4000万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

すかいらーくの株主優待券を使ってみた~ガストでの決済最適戦略_考~

先日のブログにて、すかいらーくの株主優待券5000円分をメルカリで購入したというお話をしたところです。先日、自宅に届きまして、ついに本日使う機会があったので使ってみました。私の職場の近くにはガストがあります。週に1回程度はガストのランチにお世話になっています。それなりのボリュームで税込み549円と手軽なのがいいところですね。最近、少し太り気味になってきているので、本日はご飯少なめで注文しました。税抜き20円引きということだったので、お会計は税込み527円となりました。

 

 
 
すかいらーくの株主優待券の特徴
✅税込み500円以上の会計に500円ごとに使える
 
ということは、今回の例で言うと、
527円-500円(株主優待券)=27円を他の決済手段で払う
ということになります。
今回の決済の最適戦略
✔すかいらーく株主優待券で500円充当
✔ジェフグルメカードで残りの27円を支払いでお釣りをもらう
これです。
株主優待券5000円分を4800円で購入しているので、500円額面を480円で買っているようなものです。なので20円引き。
ジェフグルメカードはいつもの金券ショップで、500円額面を478円で仕入れています。なので22円引き。ジェフグルメカードはお釣りが出るのがまじアツイんです。
〆て、44円引き。実質483円で食べているようなものです※。
527円に対して44円引きとなると、率に直すと、8.3%引きです。
小銭拾いとしての面目を保たれたと思料いたします。
 
※余談ですが、ガストでは株主優待券での支払い分はポイントサービスの対象外であることが判明しました。なので、Tポイントないしdポイントは付与されませんでした。