サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価4600万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

投信運用歴15年以上のブロガーが贈る絶対に間違いない/迷わない「投信選び」の考え方

 

 

 

投信選びで悩んでおられる方向けに投信運用歴15年以上のわたくしサラリーマン乞食がその「考え方」をお贈りします。

 

結論を端的に申し上げます。

 

✅死ぬまで持っていられる投信(=配偶者や子どもにそのまま相続させてもよい投信)

 

これです。

この条件に当てはまるものであればなんでもいいと思います。

誰がどう見ても「間違いない」と思える投信。

それが一番です。

何十年にもわたる超長期投資であれば、基本的に損失を被ることはないと信じています。

損失を被るのだとすれば、我々が将来享受するであろう「年金」運用に合理性がないことになります。

年金運用に携わる頭のいい人たちでさえ、普通にリスク資産で運用しているのですから、いわんや庶民がリスク資産で運用するのは道理にかなっていると言えます。

 

わたしが投資している核となる投信は上記条件に当てはまるものです。

 

✔︎世界経済インデックスファンド

✔︎たわらノーロード 先進国株式

✔︎eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

 

信託報酬が0%台というのは欠かせない条件です。

「株だけ」の投信も良いのですが、個人的には債券も入っているバランスファンドも入れておきたいと思っています。

これらの投信は余裕で死ぬまで持っていられます。

 

流行りものの「テーマ型ファンド」や「過去の実績が良い」と評されるアクティブファンドは死ぬまでは持つことはできません。

そういうものを捨象していけば、自ずと買うべき投信が見つかるはずです。

 

また、買うのであれば絶対にネット証券がおすすめです。

対面販売の証券会社や銀行では「低コスト」のインデックスファンドを買うことが困難です。

ネット証券の中でも投信保有時のマイレージ特典があるネット証券最大手のSBI証券がよいです。

保有しているだけでポイントが付与されます。

1000万以上保有していれば最大0.2%のポイント付与率となります。

 

SBI証券の口座をお持ちでない方はポイントサイト大手のハピタス経由で証券口座開設しましょう。

数千円から1万円相当のポイントがもらえます(案件がない時もあります😅)

ハピタスへの無料登録はこちらから↓↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス