サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価4600万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

【朗報】SBI証券とマネックス証券で投信クレカ積立が10万円へ増額の見込み

 

 

 

SBI証券とマネックス証券からよき発表がありました。

 

✅SBI証券

投資信託の保有でポイントがたまる「投信マイレージ」のサービス拡充のお知らせ | 株式会社SBI証券のプレスリリース

当社は関連法令改正があり次第※、クレジットカードでの投資信託の購入上限額を現在の5万円から10万円に引き上げることを検討しています。

 

✅マネックス証券

「マネックスカード」での投信積立上限額についてのお知らせ | 最新情報 | マネックス証券

マネックス証券株式会社は、「マネックスカード」での投資信託の購入上限額を、2024年に予定されている金融商品取引法に関する内閣府令が改定され次第※速やかに、月5万円から月10万円に変更できるよう対応いたしますことをお知らせいたします。

 

※【参考】第1回 金融審議会 資産運用に関するタスクフォース 資料3 事務局説明資料

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/sisan-unyo/siryou/20231003/03.pdf

f:id:yaorim:20231216155847j:image

 

こりゃたまらんですね😀

投信クレカ積立乞食としてはポイントをかすめとる量が単純に倍になります。

とはいえ、マネックス証券では新規に国内債券インデックスファンドをクレカ積立することはできないので、投信クレカ積立乞食に固執するのであれば、SBI証券のみ増額ということになりそうです。

まあ、マネックス証券では素直に全世界株式インデックスファンドでも新たに積み立ててみようかしら😌