サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【大失態】あろうことか外貨積立日にauじぶん銀行のキャッシュカードを自宅に忘れた外貨積立乞食の悲劇

 

 

やってしまいました。

大反省です。

 

わたくしサラリーマン乞食は外貨積立乞食でもあります。

auじぶん銀行で毎月10万円の外貨積立をするとPontaポイントが1500Pもらえます(詳細は⬇️の記事ご参照)。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

為替手数料差っ引いても即買い即売りをすればだいたい1300円相当は毎月GETできるわけです。

 

乞食は任意の積立日を毎月10日に設定していました(特に意味はありません)。

基本的には外貨積立が約定する10時を過ぎたら、仕事をちょいと抜け出して、auじぶん銀行のキャッシュカードの裏面に記載のある乱数表を用いて、即売りを仕掛けます。

 

しかし、今月8月10日はあろうことかキャッシュカードを自宅に忘れてしまったのです💦

そして、不運にも仕事が長引いて帰宅時間が22時過ぎになることが確定してしまいました💦

さらにさらに、8月10日の日本時間21時30分に為替市場を大きく動かすことになる米国CPI(7月)の発表があったのです💦

これはマジでやばい事態です。

米国CPIの出方次第ではめちゃくちゃ円高に振れます。

米国CPI(7月)の市場予想は8.7%。

これを上回れば、米国金融当局が将来的な利上げを継続するお墨付きになり、円安ドル高になる可能性が高いです。

一方で、これを下回れば、米国金融当局が将来的な利上げを躊躇する事態となり、円高ドル安になる可能性が高いです。

ちなみに乞食が当日外貨積立で購入した米ドルの購入単価は135円台

乞食は帰りの電車の中で祈るようにドル円チャートを眺めていました。

そして運命の21時30分が訪れました。

そのときこんなTweetをしました。

 

 

外貨積立乞食にとっては最悪な事態となりました。

米国CPI(7月)は8.5%増ということで、市場予想を下回りました。

135円台から一気の132円台。

これで乞食がもらえるPontaポイント1500P以上の米ドルの値下がりを喰らいました💦

マジでアホです。

ポイ活乞食を自称しているのに、この大失態。

戒め/教訓としたいと思います。

 

この出来事を契機に、財布の中にauじぶん銀行のキャッシュカードを常時入れておくことにしたのは言うまでもありません。。。

とほほ。。。