サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【大改悪】楽天証券のポイント投資のSPU倍率が半減するうえに必要投資額が60倍になる地獄みたいな話

f:id:yaorim:20220204213715p:plain

 

わたくしサラリーマン乞食は楽天証券にて毎月500円分の投信をポイント投資(正確には楽天通常ポイント1円と現金499円)で買っています(ちなみに買った投信は即売っています。)

この所作をすることで当月のSPUが+1倍になるからです。

乞食は楽天お買い物マラソンにしょっちゅう参加していますし、そこで楽天ふるさと納税をする機会が多いので、SPUの+1倍は本当に大きいのです。

しかし、ついに悲報が訪れました。

 

 

www.rakuten-sec.co.jp

 

2022年4月1日(金)に楽天証券のSPU条件が変更となります

■変更前

楽天ポイントコースの設定と、500円分以上のポイント投資(投資信託)でポイント+1倍

 

■変更後

①楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定⏩当月合計30,000円以上のポイント投資(投資信託)でポイント+0.5倍

②楽天ポイントコースとマネーブリッジを設定⏩当月合計30,000円以上のポイント投資(米国株式 円貨決済)でポイント+0.5

米株積立および買付手数料無料海外ETF(9銘柄)除く。

 

 

これは明確に「大改悪」と言えますね。

 

500円の投資で+1倍

⬇️

3万円の投資で+0.5倍

 

🏴‍☠️60倍の半減

 

いや、まじで半端ないですよ。

地獄そのものですね。

 

あ、ちなみに米国株式円貨決済なんて論外も論外です。

絶対利用しないほうがいいレベル。

手数料 | 外国為替 | 楽天証券

米ドルの片道手数料が25銭ですよ。

こんなんやってらんないですよ。

 

最近、楽天経済圏のあらゆるサービスが改悪、改悪改悪の嵐です。

どうなってしまうんでしょうか…

楽天モバイル事業への先行投資で赤字体質になっているんでしょうかね。

縮小均衡に未来はないと思いますが、いち企業の経営判断なのでやむをえません。

乞食は乞食なりにコスパを勘案して立ち回るのみです。

 

 

■関連記事

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com