サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価4600万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

相場ウィークリー〜日銀YCCガイドライン変更に翻弄〜

f:id:yaorim:20230730200013j:image

 

先週のわたくしサラリーマン乞食の生涯トータル投資損益と主要指数を振り返ります。

 

■投資元本:1000万円

■損益:+974万円→+968万円(▲0.6%)

■日経225:32304→32759(+1.4%)

■NYダウ:35227→35459(+0.6%)

■S&P500:4536→4582(+1.0%)

■NASDAQ:14032→14316(+2.0%)

■ドル円:140.08→139.52(▲0.4%)

 

終わってみれば大した変動がなかったかのように見えますが、金曜日の日銀金融政策決定会合での日本国債のYCCを事実上1.0%にUPさせるというニュースに特にドル円が翻弄されました。

実は木曜日段階でそのニュースが漏れ伝わってきて1ドル141円台から138円台までいってしまいました。

なぜ漏れるのかは完全に謎であります。

とはいえ、足元のドル円は141円に回復。

 

f:id:yaorim:20230730201819j:image

 

相場格言の『知ったらしまい』そのものでありました。

なんだかんだで日米の金利差は相応に開いているので、結局はドルが買われる地合いは変わらないのでしょう。