サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価4600万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

相場ウィークリー〜ドル円が150円目前も日銀総裁のインタビュー記事で来週は円高になる??〜

f:id:yaorim:20230909102656j:image

 

 

 

わたくしサラリーマン乞食のSBI証券における先週の投資成果はいかほどであったか。

確認していきます。

 

■投資元本:1300万円→2337万円

■損益:+1032万円→+1037万円(+0.2%)

■日経225:32710→32606(▲0.3%)

■NYダウ:34837→34576(▲0.7%)

■S&P500:4515→4457(▲1.2%)

■NASDAQ:14031→13761(▲1.9%)

■ドル円:145.74→147.01(+0.8%)

 

株価は下がり、ドル円は円安方向になりました。

週央に損益が過去最高値の+1059万円をつけましたが、後半にかけて失速しました。

 

しかし、円安が止まりませんね。

 

 

もうちょっとで節目の150円突破です。

米国長期金利も4.2%台に上がってきており、日米の金利差は拡大の一途かと思います。

 

が、それが怪しくなる雲行きのニュースが飛び込んできました。

 

 

植田氏は、短期金利をマイナス0・1%とするマイナス金利政策の解除のタイミングについて、「経済・物価情勢が上振れした場合、いろいろな手段について選択肢はある」と回答。さらに、「マイナス金利の解除後も物価目標の達成が可能と判断すれば、(解除を)やると述べた。

 

こういう動きになると日本の長期金利も上昇するやもしれません。

となると、日米金利差縮小見込みで円高ドル安になるやもしれません。

 

今後のドル円相場から目が離せません。