サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価4600万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

メルペイスマート払いキャンペーンで2000円分のポイント還元をスマートにもらう攻略法

 にわかには信じられないのですが、「はじめてのメルペイスマート払いキャンペーン~いまだけ最大2000円分ポイントプレゼント~」なるものがメルカリのアプリで表示されました(公式サイトにも載っているのでしょうか?私は見つけられませんでした。メルカリアプリで見られるのも人によるのかもしれませんね。)。メルペイスマート払いとは要は「あと払い」のことです。当月分の支払い額を翌月中(1日~月末までに)に精算するというものです。クレジットカード払いみたいなイメージですが、それで決済しても還元があるわけでもありません。私は売上金のメルペイやポイントを優先的に消化したいので、スマート払いは極力利用したくないのですが、冒頭の謎のキャンペーンが開催されていると知り、手を出すことに決めました。
 
■メルペイスマート払いキャンペーンのスマートな攻略法
✅自分がよく使う株主優待券をメルカリで探す
✅4000円以上の価格のものを探す(購入金額の50% かつ 2,000Pが上限だから)
✅額面より低い価格のものに絞る
✅スマート払いで買う
➡➡➡2000PGET
 
こんな感じですね。キャンペーンに駆られて必要のないものを無駄に買うのは愚の骨頂なので絶対にしないのですが、普段使いで使う店舗の株主優待券なら損はありません。額面以下で買えば、その差額も実質利益ですしね。
私は今回はすかいらーく株主優待券5000円分にしました。ガストのランチは週1くらいでお世話になっているので、使い切れないことはないだろうという算段です。買値は4800円。この時点で200円の実質利益です。そこで更に2000Pが後日2020/10/10 (土) 23:59を目処に利用金額と取引完了日に応じてポイント付与)入ると言うのですから、合計2200円の実質利益です。小銭拾いとしては上等でしょう。
 
メルペイは時折、破壊的なキャンペーンを仕掛けてきます。相当な販促費をかけてきます。なんなんでしょうか。ペイ界の覇権を獲りにきているのでしょうか。よくわかりません。私のような小銭拾いを稼業としている一介の人間にとっては、まじでどうでもいい話なので、キャンペーンに乗っかって実をとりにいくだけです。ごちそうさまでした。