サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

ローソンお試し引換券難民が全国各地にいることが判明した件

わたくしサラリーマン乞食はポイ活で貯めたdポイントとPontaポイントの消化場所としてローソンお試し引換券を選択しています。

お試し引換券という名前に騙されてはいけません。

定価の7割引き、8割引き程度のポイントで嗜好品を購入できます。 

 

 

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

しかし、そのローソンお試し引換券が昨年マスコミにちょくちょく取り上げられた影響からか最近は全然獲れません。

朝7時開始でローソン公式アプリを7時ちょうどに起動しても商品をクリックしても、サーバーエラーで遅々として先に進まないこと多数。

これじゃあストレスがたまります。

もちろん100回以上連打すれば獲れることもあるんですが、サラリーマンである乞食にとって朝の時間は貴重です。

そんな悠長なことはやってられません。

本日、それらの内容のツイートをしたところ、反響がありました。 

 

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

乞食は確信しました。

 

ローソンお試し引換券難民が全国各地にいるぞ!!

 

お試し引換券難民へ贈る実効性のあるソリューションは主に2つです。

 

①翌日同時間帯にローソン公式アプリで再調達

②ローソン公式アプリで受付終了と出ていてもローソンのLoppiで再調達

 

これを覚えておけば朝の貴重な時間を連打に費やす必要もなくなるかもしれません。

 

それにしても人気が出てくるとサービスの質が低下するというのはよくある話です。

ローソンがこの事態を見てローソンアプリのサーバー強化をする費用をかけるとはあまり思いません。

わたしのような乞食は所与の条件のもとでどう凌いでいくかを考えるだけです。

最適解が何かはわかりませんが、ゲーム攻略だと思って楽しみながら取り組んでいきます。

 

 

 

ページの最後にローソンお試し引換券の過去記事をのっけておきますのでよかったらご覧ください。

 

あわせて読みたい♪♪

わたくしサラリーマン乞食はローソンお試し引換券攻略と並んで、ポイントサイトの有効活用を体を張って実践/実証しています。

ハピタスというポイントサイト一本に絞っています。

普段づかいのネットショッピングや年会費無料のクレジットカード発行で費用対効果抜群の小銭拾いが可能です。

その金額はなんと余裕の1万円超え!!

下記記事をご一読されれば、聡明な読者の方ならその熱を感じ取っていただけるものと確信しております(いかにも怪しい話ですが、現実は全く怪しいものではありませんのでご安心を)。   

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

■ローソンお試し引換券 2つのソリューション

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com