サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(トータルリターン+1800万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

【驚】eMAXIS Slim 全世界株式 (オール・カントリー)の信託報酬がほぼ半値に

 

 

 

三菱UFJ国際投信から驚きのプレスリリースがありました。

 

https://emaxis.jp/news/press/__icsFiles/afieldfile/2023/08/18/release_230818_1.pdf

 

■eMAXIS Slim 全世界株式 (オール・カントリー)

■eMAXIS Slim 全世界株式 (除く日本)

■eMAXIS Slim 全世界株式 (3地域均等型)

■上記3つのファンドの信託報酬:税込0.1133%以内 → 0.05775%以内 (税抜0.1030%以内 → 0.0525%以内)

 

■eMAXIS Slim 新興国株式 インデックス

■信託報酬:税込0.1859%以内 → 0.1518%以内 (税抜0.1690%以内 → 0.1380%以内)

 

 

いやはや、投信純資産総額ランキング3位のeMAXIS Slim 全世界株式 (オール・カントリー)の信託報酬が2023年9月8日から激安になります。

 

 

0.05%台って半端ないですって。

三菱UFJ国際投信がこの尋常ならざる判断をした遠因は、

 

・日興アセットマネジメントのTracers MSCIオール・カントリー・インデックス(全世界株式) 信託報酬:0.05775%

・野村アセットマネジメントのはじめてのNISA・全世界株式インデックス (オール・カントリー) 信託報酬:0.05775%

 

という類似の激安ファンドを出してきたからだと思います。

 

競争的で実によきことです。

個人投資家にとっては信託報酬の低下はパフォーマンスの向上に直結します。

10年前と比較すればとんでもなくコストが安くなりました。

信じられない時代です。

 

インデックスファンドに幸あれ!!