サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【決断】SBI証券から1000万円を抜いてauじぶん銀行の3ヶ月定期0.5%にぶち込むことにした件

f:id:yaorim:20220407204914p:plain

 

 

 

わたくしサラリーマン乞食はある決断をしました。

それは、、、

 

✅SBI証券から1000万円を抜いて、auじぶん銀行の3ヶ月定期0.50%にぶち込む

 

年初のマーケットの変調で精神的に異常をきたしました。

乞食にとって分相応でないレベルのリスクをとっていたからです。

含み益が800万円台から600万円台に落ち込んだだけで、「この世の終わり」みたいな気分になりました。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

投資はあくまでも資産形成の一つの手段であり、過度にリスクテイクをして生活に支障をきたすのは本末転倒であります。

そこで、徐々にエクスポージャを小さくしていきました。

そうすると必然的にキャッシュポジションが大きくなっていきます。

SBI証券のキャッシュポジションはすなわち住信SBIネット銀行のハイブリッド預金となるわけですが、金利は0.01%と大したものではありません。

また、国内債券や為替ヘッジ付き外債の投信を保有するのも現状の金利情勢(金利高が見込まれる)を踏まえると得策でないと判断しました。

 

以上を踏まえて、総合的に勘案した結果、auじぶん銀行の新規限定のデビュー応援プログラムの3ヶ月0.5%定期にぶち込むことに決めたわけであります。

 

www.jibunbank.co.jp

 

「決めたら即行動」が乞食の流儀であります。

迷っている暇などありません。

 

①住信SBIネット銀行アプリでハイブリッド預金から普通預金に振替

②普通預金からauじぶん銀行に振込

③1分でauじぶん銀行に着金

④auじぶん銀行アプリで定期預金作成

 

これらを所要時間5分程度で完結させました。

3ヶ月後には利息がおよそ10,000円弱(≒1000万円✖️0.5%✖️79.685%➗365日✖️90日)もらえるので、結構激アツだと思っています。

なお、このデビュー応援定期は口座開設日から翌々月末までの期間中であれば何度でも預け入れ可能とのことです。

満期後もauじぶん銀行の普通預金金利0.20%条件を満たしていれば、そのまま普通預金に突っ込んでおけばいいというのも気軽でいいですよね。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

乞食的にはかなりベターな手続きができたと思っています。

 

これにて乞食のSBI証券における投資元本は1000万円となります。

いったん仕切り直しとします。