サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価4600万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

運用報告書_2022年2月_2ヶ月連続のマイナスもインデックスには勝つ

f:id:yaorim:20220304224434p:plain

 
定例の運用報告書です。
2022年2月24日に世界史に残るようなとんでもない事件が起こりました。
 
■ロシアのウクライナ侵攻

NYダウ 一時800ドル超の急落 ウクライナ侵攻で売り注文膨らむ | 株価・為替 | NHKニュース

2022年2月25日 0時13分  

24日のニューヨーク株式市場は、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて売り注文が膨らみ、ダウ平均株価は一時、800ドルを超える急落になりました。  24日のニューヨーク株式市場では、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに投資家の間でリスクを避ける姿勢が強まり、取り引き開始直後から売り注文が膨らんでいます。  このため、ダウ平均株価は、一時、前日と比べて800ドルを超える急落になり、取り引き時間中としてはおよそ10か月ぶりに3万3000ドルを割り込みました。  市場関係者は「ロシアによるウクライナ侵攻が世界経済を含めて今後どういった影響を広げることになるのか、投資家の間でも見通しが立たず、市場の緊張感が増している。このため、株式を売って安全資産とされるアメリカ国債や金を買う動きが出て株価の急落につながっている」と話しています

 

 

 
戦争です。
現代において、まさか大国が戦争を仕掛けてくるなんて思ってもみませんでした。
恐ろしすぎる。
日本は平和です。
しかし、この平和も未来永劫続くとは限りません。
こんな運用報告なんてのほほんとやってる場合じゃないのかもしれません。
何の罪もない幼いこどもたちが戦争によって命を落とすのは耐えられません。
戦争は反対です。

 

 

 
 
 
■乞食のポートフォリオ
・元本:2000万円
・時価:2633万円
・トータルリターン:+633万円(前月比▲28万円)
・前月比騰落率:▲1.05%
 

f:id:yaorim:20220304221448p:plain

 
2ヶ月連続で資産が減りました💦
前月比▲1.05%です。
当たり前の感情ですが、悲しいですね🥺
同期間の主要指数はこんな感じでした。
 
・日経平均株価:▲1.75%
・NYダウ:▲3.52%
・VT:▲2.77%
 
これを見ると少し慰められた気がします。
乞食なりにうまく立ち回れた気もします。
エネルギー関連ETFのVDEを組み入れたり、コモディティ投信や原油先物投信も組み入れました。
これからも難局に立ち向かうために乞食なりに「納得」ができるポートフォリオにしていきます。
自分の「心」に寄り添って、柔軟に対応していく次第です。
 

 

 
 
■関連記事