サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【攻略法をまた見つけた】ファミペイ超感謝祭キャンペーンは奥深い〜楽天バリアブルカード編〜

f:id:yaorim:20211211225430p:plain



ファミペイ超感謝祭キャンペーン(別名:20%還元キャンペーン)が絶賛開催中です(2021年12月31日まで)。

この期間に徹底的にファミペイを攻略して、ベネフィットをかすめとっていくのが乞食流です。

12月に入ってからファミペイ関連の記事を複数アップしました。

 

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

そんな乞食ですが、これまでPOSAカードの中でもAmazonギフト券を購入することで条件を満たしてきました。

しかし、そこにちょっと疑問が湧いてきました。

 

🌠しこたまAmazonギフト券を購入してるけどそれって本当に経済合理的なの?

 

乞食には思い当たる節がありました。

 

🔴POSAカードの中でも楽天バリアブルカードを購入して、受け取った期間限定の楽天ポイントで楽天ふるさと納税をすればいいんじゃないか?

 

楽天ふるさと納税自体は翌年支払うべき住民税の前払いなので、「限度額」までなら目一杯取り組んで特産品をかすめとったほうがいいに決まっています。

乞食の場合、年収ゾーンからおよそ年間15万円程度はふるさと納税に突っ込めます。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

ファミペイ超感謝祭キャンペーンであれば楽天バリアブルカードも対象商品なので、例えば4万円分の同カードを購入すれば2000円分の還元が後日あります。

還元率にすると5%となります。

で、例えば4万円分の楽天ふるさと納税をすればそれだけで少なくとも実質2000円分(5%分)のが得られます。

楽天ふるさと納税の代金を楽天カードで支払うと+2倍のSPUが受けられますが、楽天ポイントで支払うとその恩恵は受けられません。

それでも5%ー2%=3%のは得られますよね。

それだけでも十分なのですが、これを毎月18日の楽天いちばの日で取り組むと超絶お得になります。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

楽天いちばの日は楽天ポイントの支払いでも+3倍になるのです。

前述の3%と楽天いちばの日の+3倍で実質6%分の還元が得られたようなものです。

これはめちゃくちゃお得ですよね。

 

🌺ということで、最適解まとめ

✅ファミペイ超感謝祭キャンペーン期間中に楽天バリアブルカードを購入し、毎月18日の楽天いちばの日で楽天ふるさと納税をすれば実質6%分の還元を得られる(もちろん他のSPUやハピタス経由のポイントもそこに乗っかる)

 

これ覚えておいて損はないです。

「得」を積んでいきましょう♬