サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円超)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/楽天キャッシュ決済乞食/外貨積立乞食(2023年4月をもって引退)/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/ファミペイPOSAカード乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/キャンペーン乞食、、、乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【絶望】メルカードを使っていたらポイント付与対象外の悲劇に遭遇した

 

 

わたくしサラリーマン乞食はたまにメルカードを利用しています。

メルカードはマチナカで利用すれば1%還元が得られるクレジットカードです。

1%還元自体はさして注目することではないですが、「まえもって支払う」機能を使えば、ストレスなく期間限定のメルカリポイントを費消することができます。

これが大きいのです。

メルカリポイントをメルペイ払いやiD払いに充当しても特段の還元はないので、メルカードによる決済にメルカリポイントを充当することは非常に合理的であると言えます。

 

しかし、ここに落とし穴が潜んでいました。

 

とある時期にセブンイレブンでセブンカフェ30円引きクーポンを使って110円のコーヒー(R)を購入しました。

お会計は77円。

安いですね。

で、メルカードで支払ったのです。

もちろん1%還元&期間限定メルカリポイント費消目的で。

購入後、メルペイの支払い履歴を確認しました。

そこには衝撃の事実がありました!!

 

f:id:yaorim:20230316061953j:image

 

なんと、メルカード還元付与ポイント付与対象外となっているではないですか!!

この事実に乞食は絶望しました。

これが意味することは、メルカードの1%還元というのは1会計につき税込100円以上でないといけないということです。

100円未満の会計では1%還元でどう頑張っても0.●●円にしかならないです。

要は、端数は切り捨てられるということです。

 

この事実を知ってからというもの、100円未満の少額の決済においてはメルカードは使うべきでないと認識しました。

 

 

 

👂耳寄り情報👂

メルカードをお持ちでない方はポイントサイト経由で作成すると数千円相当のポイントがもらえます。普通にお得です。メルカードは年会費無料なので保有しておくといいことはいっぱいあると思います。気になる方はこちらから⬇️⬇️

 



その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス