サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(トータルリターン+1800万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

【疑問符】住信SBIネット銀行、ATMでの1日の引出し上限額を50万円に〜利便性の低下は避けられず〜

 

 

 

悲報というかなんというか、住信SBIネット銀行のこの措置にあまり納得できません。

 

www.netbk.co.jp

 

【不正出金対策】ATM引出し限度額の引下げ  

悪意のある第三者によるATMでの不正引出し事案の増加を受け、2023年9月下旬(予定)より個人のお客さまが設定できるATM引出し限度額の上限を変更いたします。

また、2023年10月下旬(予定)よりすでにATM引出し限度額を50万円を超える金額に設定されているお客さまのキャッシュカード(アプリでATM)の引出し限度額を一律50万円に変更いたします。

変更日が確定しましたら、当社WEBサイトにて別途お知らせいたします。

 

■変更内容  

①キャッシュカード(アプリでATM)引出し限度額の設定可能上限額を200万円から変更  

上限額:50万円/1日あたり

変更予定時期:2023年9月下旬

②引出し限度額を50万円を超える金額に設定されているお客さまのキャッシュカード(アプリでATM)引出し限度額を一律変更  

上限額:50万円/1日あたり

変更予定時期:2023年10月下旬

※ 現在50万円を超える限度額に設定されているお客さまは自動的に50万円に変更となります。

 

■対象となるお客さま  

個人のお客さま(法人は対象外)

 

■対象となるお取引  

キャッシュカードによるATM現金引出し アプリでATMによるATM現金引出し

 

要は今後、「ATMでの1日の引出し上限額が50万円になってしまう」ということです。

これ、けっこう不便ですよね。

まあ、現金で50万円を使わなきゃいけない局面なんてほとんどないですし、振込にはこの制限はかからないので乞食的にはほぼ無風ですが、たとえ不正払出対策といえどネット銀行の利便性を損ねる経営判断にはけっこう疑問です。

ネット銀行を利用するくらいのユーザーには相応のリテラシーを求めてもいいと思うのです。

いい意味で「自己責任」を求めたっていいと思います。

住信SBIネット銀行様には大変お世話になっておりますので、今般、意見を申し上げさせていただきました。