サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(4000万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

運用報告書_2023年3月_金利低下で株が上がってドル円が下がるという教科書通りの展開

 

月1恒例の記事です。

わたくしサラリーマン乞食のポートフォリオの2023年3月の振り返りです。

 

■投下資本:400万円

■時価:1233万円

■損益:+833万円

■前月比増減:▲19万円(▲1.5%)

 

 

主要指数の動きを振り返ります。

 

■日経225:27327→27445→28041(+2.2%)

■NYダウ:34086→32656→33274(+1.9%)

■S&P500:4076→3970→4109(+3.5%)

■NASDAQ:11584→11455→12221(+6.7%)

■ドル円:130.46→136.34→133.54(▲2.1%)

■米国2年物国債:4.20%→4.81%→4.04%⤵️

■米国10年物国債:3.50%→3.92%→3.47%⤵️

■Fear  and  Greed指数:71→59→49

 

2月は

✅金利高、株安、円安ドル高

でした。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

3月は全くもってその反対でした。

金利安、株高、円高ドル安

 

いわゆる「教科書通り」でした。

 

3月始まった当初は「インフレがおさまらないからガシガシ金利をあげるぞー」的な雰囲気でしたが、3月10日に突如としてシリコンバレーバンクが破綻すると雰囲気は一転。

「金融機関やばいんじゃね?」的な雰囲気に突入。

一気のリスクオフでボラティリティUP!!

そして、クレディスイスもやばくなってUBSに救済合併されるという始末。

もはや金融機関が安泰であるということはないということです。

金利上昇で銀行の貸金の収益が向上するかと思いきや、シリコンバレーバンクは長期保有目的の米国債がダメージを受けていたという事態。

金利上昇は債券安につながります。

そりゃそうですよ。

2022年当初は0%台だった米国債が今や4%〜5%の間。

デュレーションが長い債券ほど痛みが激しくなりますからね。。。

 

月末週はすっかり落ち着いたのか、あれよあれよと株高となりましたとさ。

マーケットに携わる人間は騒ぐときは騒いで慌てふためきますが、忘れるのも早いんです。

そういうもんなのですね。

結局は株をガチホールドしたものが勝つということなんでしょうか。

乞食もたわらノーロード先進国株式をポートフォリオのメインに据えて4月相場に臨みます。

将来的な金利下げ期待もあるので、高配当株式インデックスはちょっと抑えめにて、グロース株のNASDAQインデックスにも一部資金を投じようかと思案中です。