サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

おすすめのレシートアプリ2選

わたくしサラリーマン乞食はレシートアプリを使用して、ゴミクズとなるレシートを経済定期価値にchangeしています。

そのことは過去記事でも述べたとおりです。 

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 
kashobunshotoku.hatenablog.com

 

最初に楽天Pashaから初めて、次にCODE、ONE、CASHb、と合計4アプリを利用しました。

それが本日をもって、2アプリに厳選しました。

 

楽天Pasha

・・・1枚1楽天ポイント/1日5枚までとわかりやすい。当日付のレシートのみ。

CODE

・・・レシート撮影&バーコード読み取りで、ポイントは商品によりまちまち。300ポイント貯まればdポイントと交換できる

 

 

 

では、なぜその他の2つを辞めたのか。

 

✅CASHb

・・・日ごとに対象商品が変わる。対象商品でないとポイントつかない。いちいち見るのがだるい

✅ONE

・・・1枚1円(たまに2円、もっとたまに10円)/1日5枚までとわかりやすいのはいいが、現金化する場合、銀行振込手数料が300円もかかる。すなわち300ポイント貯めないとスタートラインに立てない。乞食は結局520ポイント貯めて、手数料300円払って、220円を得た。約3ヵ月で220円。これじゃあコスパ悪い。

 

 

何事も取り組んでみるとわかることがあります。

小銭拾いに執着するのはいいことですが、とはいえ、コスパも重要です。

心が「めんどくせー」と思ったら、それは辞め時です。

断捨離をして、自分に「合う」ことだけ取り組めばいいと思います。

 

乞食の実体験がご参考になれば幸いです。

 

 

 

関連記事です。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

kashobunshotoku.hatenablog.com