サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(4000万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

投信クレカ積立乞食の即買い即売り戦略の月間スケジュールはこれだ!!

 



⬆️⬆️⬆️2024年3月23日現在の情報⬆️⬆️⬆️

 

わたくしサラリーマン乞食は投信クレカ積立乞食です。

eMAXIS Slim 国内債券インデックスを即買い即売りすることで価格変動リスクをほとんど負わずにクレジットカードによるポイントだけかすめとるという「道徳的にはどうなんだ」と思われても仕方のない行動をしています。

また、eMAXIS Slim 国内債券インデックスではポイント倍率が悪い証券会社については価格変動リスクのそれなりに低廉なファンドをチョイスして即売りをしております。

この所業を毎月徹底して繰り返すことで月間4050円相当のポイント、年換算48600円相当のポイントを得ることができます。

 

なお、法令の解釈の変更により2024年4月ないしは5月から投信クレカ積立の月間上限積立額が5万円から10万円に変更となります✨

 

証券会社によっては即買い即売りへの対抗策として国内債券投信をクレカ積立の対象外にする動きが一部出てきているようですが、そうなったらその証券会社からは足を洗うか、価格変動リスクのそれなりに低廉なファンドを見つけるよりほかありません。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

おいしい汁をすすれる間はあくまでも「投資判断」としてeMAXIS Slim 国内債券インデックスを即買い即売りをしていきます。

 

 

 

 

 

■第1営業日

・楽天証券の楽天キャッシュ決済でeMAXIS Slim 国内債券インデックスが約定

・SBI証券のクレカ積立でeMAXIS Slim 国内債券インデックスが約定(わたしは2024年5月からはSBI証券でNISAつみたて投資枠でオルカンを積み立てます。SBI証券からは投信クレカ積立乞食卒業です。

 

■第2営業日

・楽天証券でeMAXIS Slim 国内債券インデックス(楽天キャッシュ決済分)を即売り

・SBI証券でeMAXIS Slim 国内債券インデックスを即売り

・楽天証券の楽天カードクレジット決済でマイスタートが約定

・auカブコム証券のクレカ積立でeMAXIS Slim 国内債券インデックスが約定

 

■第3営業日

・auカブコム証券でeMAXIS Slim 国内債券インデックスを即売り(正確には第2営業日の夜には売却注文できる)

・楽天証券でマイスタート(楽天カードクレジット決済分)を即売り

 

■20日の3営業日前

・マネックス証券のクレカ積立でeMAXIS Slim 国内債券インデックスが約定

 

■20日の3営業日前の翌営業日

・マネックス証券でeMAXIS Slim 国内債券インデックスを即売り

 

 

 

上記で紹介した証券会社の口座開設はポイントサイト経由で取り組むと圧倒的にお得です(数千円から1万円程度のポイントがもらえます。ポイントは現金交換可能です♬)。

公式HPから直接申し込むのは情弱のする所業だと思います。

弊ブログをご覧の読者のみなさまは絶対にお得になっていただきたいと切に思います。

ポイントサイト大手ハピタスは登録無料です。

登録はこちらから。

 

 

 

 

■関連記事

kashobunshotoku.hatenablog.com

kashobunshotoku.hatenablog.com