サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、時価総額加重平均の全世界株式インデック投資(元本2000万円)が本業/ハピタス乞食/ローソンお試し引換券乞食/ファミペイ無料クーポン乞食/楽天ふるさと納税乞食/じぶんの積立乞食/投信クレカ積立乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食

運用報告書_2021年11月_有頂天からの地獄行き...でも乞食は絶対に負けない

f:id:yaorim:20211204124302p:plain

 

さあ師走です!!

いつのまにか2021年も最終月となりました。

わたくしサラリーマン乞食は元本1900万円をSBI証券に突っ込んで資産運用をしています。

ポートフォリオの中心は

🌺米国ETFのVT(時価総額加重平均の全世界株式インデックス)

であります。

もはやVTと一蓮托生といってもあながち間違いではないでしょう。

 

では11月末時点における乞食のSBI証券における評価額はいかほどであったのでしょうか。

振り返ってみることにします。

 

 

■トータルリターン推移

f:id:yaorim:20211204122310p:plain

 

時価は2,638万円(+738万円)という結果になりました。

前月末は2,700万円(+800万円)でしたので、

前月末比-62万円という結果になりました。

騰落率は-2.29%でした。

なお、VTは10月末107.07ドルから11月末104.27ドルとなっており、騰落率は-2.61%でした。

 

 

■乞食の所感

数字だけ見れば悲惨ですね。

一時は11月16日に+860万円になっていたのに…

そこを有頂天にして一気に地獄に落ちたようなものです。

暴落といってもいいですかね。

前月末から乞食の財布から62万円が消えてなくなったようなものです。

悲しみの境地であります。

この原因はもはや周知の事実「新型コロナウイルスの変異株”オミクロン株”の発見」に尽きます。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

しかし、ここで耐えられるかどうか、また、「胆力」をもっているかどうかが試されます。

乞食が取り入れてる投資法はインデックス投資であり、インデックス投資とは

 

🌺過去最高値の更新を信じる投資

 

に他ならないからです。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

なので、この局面でも狼狽売りはしませんでした。

乞食は愚直にVTを買い増しています。

お金が尽きるまでVTを買い増し続けます。

それがインデックス投資を信じるということだと思っています。

絶対に自分の弱い心には負けません

必ず勝ちます。

そう信じています。

 

🌠明けない夜はない🌠