サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。サラリーマンが本業、ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(トータルリターン+1800万円)が趣味/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/被振込P乞食/クレカ最適決済乞食/POSAカード乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/マクドナルド乞食/キャンペーン乞食/株主優待券乞食/金券ショップ乞食/優待乞食/楽天お買い物マラソン乞食/Appleギフトカード乞食

みんなの銀行が消滅するかもしれない際どい話

 

 

 

みんなの銀行が揺れています。

 

www.nikkei.com

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)は傘下のデジタル専業銀行「みんなの銀行」の撤退を検討する。マーケティングにかかる営業経費やシステム費用がかさみ赤字体質から抜け出せないためだ。2027年度の黒字転換が見通せない場合、24年度内にも撤退や事業転換を判断する。

五島久社長(福岡銀行頭取)が28日開いたアナリスト向け説明会で明らかにした。

 

www.nikkei.com

ふくおかフィナンシャルグループ(FG)の五島久社長(福岡銀行頭取)は31日、赤字が続く傘下のデジタル専業銀行「みんなの銀行」について「2027年度の黒字化に向けて全力を尽くす」と強調した。28日の投資家向け説明会で27年度までに黒字転換が見通せない場合には「撤退や事業転換の検討もあり得る」と説明していた。

 

www.asahi.com

ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)が手がけるデジタル専業銀行「みんなの銀行」の先行きに注目が集まっている。赤字が続く中、今月28日の投資家向け説明会でFFGの五島久社長が撤退などの可能性に言及。撤退観測が広がり、改めて会見を開いて撤退を否定するなど火消しに追われる事態となった。

 FFGは投資家向け説明会の資料で、みんなの銀行について「2027年度の黒字化が実現できない可能性も見据え、今年度はその場合の対応も同時に検討を進める」と記載した。FFGによると、この点を投資家から問われた際に、五島氏は撤退などの可能性に言及したという。

 

時系列をまとめます。

 

・5月28日 投資家向け説明会で社長がみんなの銀行の撤退も選択肢にありと発言!?

・5月30日 日経新聞が↑をすっぱ抜き

・5月31日 火消し 2027年度の黒字化を目指すとのこと

 

みんなの銀行は文字通り「正念場」です。

赤字を垂れ流しているようです。

現時点ではふくおかフィナンシャルグループの「お荷物」となっています。

 

みんなの銀行のアプリのUIはよいと思いますが「何で儲けているんだろう!?」って感じです。

 

月額600円払って「プレミアム」になりますか?

わたしは全く食指が動きません。

 

金利払ってローン借りますか?

わたしは全く食指が動きません。

 

この間まで開催していた大和コネクト証券との共同キャンペーンは激アツでした🔥

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

でも、そういう激アツキャンペーンに寄せられて集まったユーザーが収益化に貢献するとも思えません。

特典をもらったらすぐに抜きますよね?

少なくともわたしはそうです。

 

SNSを集客基盤としている段階で、正直、ろくなユーザーは集められない気がします(私見ですが。。。)。

 

とはいえ、今後、みんなの銀行が消滅しないことを祈らんばかりです。

 

陰ながら応援しております。