サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【ようやく】マネックスカードが申込から18日後に到着したのでマネックス証券で投信クレカ積立の設定をしてみた

f:id:yaorim:20220417201509j:image

 

わたくしサラリーマン乞食のもとにマネックスカードが遂に到着しました。

「3/31に申込をして4/17に到着=18日後」というスケジュール感です。

2〜3週間かかった計算になります。

申込が殺到しているとのことですからやむを得ないでしょう。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

さて、到着してすぐに乞食はマネックス証券で投信クレカ積立の設定をしました。

マネックス証券アプリで普通に銘柄を選択し、積立設定の手続きをし、最後にクレジットカードの番号と有効期限とセキュリティコードを入力して完了です。

意外と簡単でした。

 

選んだ投信はもちろんeMAXIS Slim 国内債券インデックスです。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

f:id:yaorim:20220417203016j:image

 

クレカ積立の場合、毎月24日が買付日ということになります。

 

乞食は即買い即売り勢なので、毎月24日の翌営業日に全額売りを入れることをここに誓います。

価格変動リスクを最低限にしてポイントを丸取りしようという魂胆です。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

 

マネックス証券の投信クレカ積立の還元率は1.1%なので、

 

🌺550円(=50,000円✖️1.1%)分のマネックスポイント

 

が毎月確実に得られます。

 

マネックスポイントはTポイント、dポイント、Pontaポイント、WAONポイント、nanacoポイント、Amazonギフト券などに交換できるので出口戦略に困ることはありません。

 

これで乞食の投信クレカ積立は4本目となります。

 

・楽天証券:50,000円✖️1%=500円相当のポイント

・SBI証券:50,000円✖️1%=500円相当のポイント

・auカブコム証券:50,000円✖️1%=500円相当のポイント

・マネックス証券:50,000円✖️1.1%=550円相当のポイント

 

全ての投信クレカ積立でeMAXIS Slim 国内債券インデックスを設定しています。

合計すると2050円相当のポイントを毎月もらえることになります。

即売りする行為は大した労苦はないので、こんなにポイントがもらえるのはとてもありがたいですね。