サラリーマン乞食の小銭拾いで生きていく

働くオトナの小銭拾いを愛する乞食系ブロガー。ポイ活乞食がエセ稼業、インデックス投資(時価1000万円)が本業/ハピタス乞食/ファミペイ乞食/楽天経済圏乞食/au経済圏乞食/投信クレカ積立乞食/外貨積立乞食/被振込P乞食/あおぞら銀行BANK支店乞食/auじぶん銀行乞食/じぶんの積立乞食/ガスト乞食/吉野家乞食/乞食ノウハウをブログに書き連ねます。

【ごめん】じぶんの積立を再度申し込みたいのだが営業担当者に申し訳ない気持ちが湧き出てくる

f:id:yaorim:20220415223726p:plain

 

 

わたくしサラリーマン乞食は明治安田生命のじぶんの積立に加入しています。

いつ解約しても元本割れしない円建ての積立保険です。

5年間積み立てて、その後5年間据え置きしたら、積立総額の103%になって返ってきます。

年率換算0.3%なので、それだけでも現状の低金利情勢下では優秀なのですが、それよりももっと激アツのメリットがあります。

一般の生命保険料控除の対象商品であるので、所得税と住民税合わせて毎年10800円くらいの節税効果を享受しています(乞食の所得税率の場合)

10800円✖️5年=54000円も実質的に儲けてることになりますから、マジで神商品です。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

そんな激アツのじぶんの積立ですが、ついぞ今年の6月には当初5年間の積立期間が終了となります。

乞食としては、新たに2口(月1万円)を申し込もうと思うのですが、ふつふつと湧き出てくる感情があります。

 

✅明治安田生命の営業担当者に本当に申し訳ない

 

営業担当者がじぶんの積立を成約しても何の評価もされないという噂を知っているからです。

 

kashobunshotoku.hatenablog.com

 

 

まあ当たりまえなのですが、保険契約者にとって神である商品は、翻って保険会社にとってみれば収益を阻害する商品です。

明治安田生命にとってじぶんの積立は「ドアノック」商品に他なりません。

じぶんの積立を足がかりにして顧客接点を持ち、収益性の高い保険商品を案内するに決まっています。

しかし、乞食はその手にはのりません。

乞食は正真正銘の「保険不要派」です。

じぶんの積立には保険としての機能は全く期待しておらず、節税の機能のみを期待しております。

営業担当者がこれみよがしに勧誘してきても、てきとーにあしらうことをここに宣言しますww

 

さぁ、明治安田生命の来店予約の準備をしよっと♪♪